浅間山麓のブラタヌキ

アクセスカウンタ

zoom RSS 注文の多い湯屋

<<   作成日時 : 2017/05/17 20:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 浅間山麓の御代田町には、肌に卓効ありとされ、ポン子が化粧水のようだと絶賛している大谷地鉱泉があります。川端康成も訪れたことがあるという歴史の古い入浴施設ですが、冷鉱泉を沸かしているため、湯舟は小さく、数人でいっぱいになってしまいます。
 脱衣場の張り紙に、「石けんなどで身体を洗ってから入る。湯が熱いので、2、3度お湯をかけてから入る、湯舟の中で身体をこすらない・・云々」といったことが書いてありました。身体の汚れを落としてから湯舟に入るのは常識ですが、「石けんなどで」とまで細かな指示があるのは珍しいですね。身体にお湯をかけただけで湯舟に入ろうとした人が、常連さんに叱られていました。
 湯温は確かに高く、5分と入っていられません。されど、泉質はすばらしく、湯上がりの肌はサラサラ状態。「注文の多い湯屋」だけに、このあと食べられてしまうのではと、恐る恐るまわりを見回したポン太でしたが、襲ってきそうな獣はおらず、爽やかな山の風が、火照った身体をやさしく包んでくれました。

入口の看板。見落とさないように注意が必要。
画像

浅間山を背にした大谷地鉱泉。左が浴室のある新館。
画像

大谷地鉱泉付近の畑です。浅間山の雪はほとんど消え、整然と植えられたキャベツの苗が育ち始めています。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
注文の多い湯屋 浅間山麓のブラタヌキ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる