森は生きている

  昔、学校の芸術鑑賞会で、「森は生きている」という劇をみた記憶があります。演劇など全く興味が無く、ダルい行事だと思いつつ会場のホールに足を運んだのですが、始まってしばらくするとすっかり舞台にひき込まれてしまい、こんなに面白いものをそれまで知らずにいたのが惜しいような気がしました。
 ポン太の森も劇場と同じで、日々変化するその様子を見ているだけでワクワクするようなところがあります。浅間山麓にやってくるまで、山野草や森の樹木に興味をもつことがなかったのがウソのようで、植物図鑑を手にする日が多くなりました。人間、いやタヌキといえども、何事も体験が大事だと、いまさらながら悟ったポン太でした。
 今、ポン太の森に咲いている花の中で、最近まで知らなかったものや、あまり一般的ではなさそうなものをとりあげてみます。

 フデリンドウ いつのまにか群落をつくり、森の斜面が紫の絵の具を散らしたようになっていました。
画像

ホタルカズラ 瑠璃色をした小さな星形の花ですが、トワイライトの森の中でみると、蛍光色のようでもあり、ホタルを連想してこの名がついたのもうなずけます。昔、染料に用いられたムラサキの仲間とか。
画像

 クマガイソウ これは伊那に住むポン子の友人から株をわけてもらったものですが、自然条件があうのか、見事に定着し、どんどんその数を増やしています。調べてみたら、なんと絶滅危惧種とか。ポン太の森の最高級の「お宝」かもしれません。
画像

 ツリバナ 最後は樹木の花です。あまりに小さいので見過ごしてしまいがちですが、よくみるとなかなか可愛い花です。ポン太の森にはたくさん自生しており、下の写真のように赤い実がくす玉のようにはじけるところも面白いですし、秋の紅葉もきれいです。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

ギャラリー静河
2017年05月23日 22:59
浅間山麓の植物巡り素晴らしいですね。
目が肥えてくると、いくらでも植物が見えてきます。
こちらは都会の雑草ばかりですよ。
写真を撮っていると怪しまれます・・・。
「森は生きている」は懐かしいです。小学校の頃、公会堂で観ました。