中山道でブラタヌキ~ポン太とポン子のずくなし道中記 その16

<18日目、9月17日(水)> ブドウの香りに包まれて、木曽路の入口へ

画像
 前回の到達点である塩尻宿入口の仲町交差点を出発。ほどなく右手には重要文化財の旅籠「いてふ屋」(小野家住宅)が、その斜め前方には本陣跡の立派なモニュメントが見えてきました。塩尻宿には古い建物がかなり残っており、宿場町らしい街並みではあるのですが、旧中山道がそのまま国道153号になってしまっているため、自動車の通行量が多く、ゆっくりその風情を味わうことができないのが残念です。
 宿場の西側で旧道に入りました。阿礼神社の脇をぬけたところに、なんとも雰囲気のよい民家があり、庭に入って見学できるということなので、立ち寄ってみました。そこは、豪農の屋敷(堀内家住宅)で、18世紀後半ごろの「本棟づくり」とよばれる建物でした。
 一旦国道153号に合流した後、下大門交差点から再び旧道へと入りました。旧道沿いには立派なつくりの家が多く、中にはかつては郵便局ではなかったかと思われるような和洋折衷のモダン建築もありました。中央東線の下をくぐりぬけると、右側一帯は昭和電工の工場となり、その塀が延々と続きます。それが終わり、のどかな田園風景が広がったところに、平出の一里塚がありました。日本橋起点59番目の一里塚です。さらに進むと信州一のワインの産地として有名な桔梗が原です。
 レタス畑とブドウ畑が混在する独特の景観の中を進みます。甘いブドウの香りが漂い、ワイン工場の中を歩いているような気分になりました。中央西線の踏切を渡り、長野県野菜花き試験場の脇を通り、ブドウ園をいくつか過ぎると、国道19号に出ます。ブドウ園の直売所が並ぶ国道をしばらく歩き、右手の旧道へと入れば間もなく洗馬(せば)宿です。
 宿場の入口付近に、将軍秀忠が肘をかけて休んだと伝わる赤松の銘木「肘掛松」がありました。そこから道標に従って細い道を下りたところが、中山道と善光寺道との分岐点である追分(分去れ)です。鉄道では、中央東線・中央西線と篠ノ井線のジャンクションである塩尻が重要な駅ですが、鉄道以前の街道交通においては、ここ洗馬(せば)の方が重要な場所であったことを改めて認識させられました。

重要文化財に指定されている塩尻宿の旅籠「いてふ屋」(小野家住宅)と中山道(国道153)

画像

塩尻宿の旧道沿いにあった豪農の家(堀内家住宅)。すばらしい本棟づくりで、この地域の特色である「雀おどし」の立派な棟飾りがついています。
画像

日本橋から59番目となる平出の一里塚。塚の上の松はみごとな樹形をしていました。
画像

信州を代表するワイン用ブドウの産地、桔梗ヶ原を行く。中山道にもブドウの甘い香りが漂っていました。
画像

洗馬宿入口の銘木「肘掛松」。徳川秀忠が肘をかけて休んだとか。
画像

洗馬の追分(分去れ)。左が善光寺道、右が中山道(江戸方面)。
画像


 洗馬宿は、大火により江戸期の建物は失われてしまっていますが、宿場の面影は感じられますし、大火後に建てられたと思われる民家も1階はかつての旅籠風、2回のガラス戸は凝った意匠で趣があります。本陣、脇本陣の庭園は、「中山道に稀な」名園であったということですが、明治42年の中央線開通時に、駅用地とされてしまいました。洗馬駅には開業時以来の木造駅舎が健在で、それはそれで価値があります。
 洗馬宿を出ると間もなく、国道19号に合流します。国道19号には歩道があり、歩くのはそれほど苦にはなりませんが、自動車道路脇の風景はどこも同じようで単調さは否めません。
 次の本山宿は、国道19号から旧道に少し入ったところにありました。宿の入口付近にある石造群は江戸期のもののようです。このあたりには蕎麦畑が多いのですが、説明板によれば、本山宿がそば切り発祥の地だということです。古い建物が比較的よく残っており、屋号が掲げられた街並みも風情があります。非公開ですが、本陣も現存し、その前には登録文化財になっている川口屋、池田屋、若松屋という3軒の旅籠がありました。
 中央西線には本山宿に対応する駅は無く、中山道を少し進んだ先の日出塩に駅があります。今日の行程は日出塩駅までとし、電車で帰途につきました。本山宿は日本橋から32番目の宿場。次の贄川(にえかわ)宿は、木曽11宿の北端に位置する宿場です。あこがれの木曽路はもう目の前。元気がでてきました。

大火で古い建物が残っていない洗馬宿の脇本陣跡前。
画像

脇本陣の庭園の上につくられたという中央西線洗馬駅。この駅舎は開業時(明治42年)からのものです。
画像

一面に広がる蕎麦畑の中を行く中央西線の列車(中山道より撮影)。この先の本山宿はそば切り発祥の地ということです。
画像

本山宿の旅籠「川口屋」と中山道
画像

屋号を掲げた本山宿の民家。宿場町らしい、とても良い雰囲気でした。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント