「信州環状鉄道」を楽しむ

 信州にも環状鉄道があります。といっても、山手線や大阪環状線のように電車がグルグル回っている路線があるわけではありません。列車を乗り継げば信州(の中央部)を一周できる形に線路がつながっているという話です。浅間山麓の小諸駅からでしたら、小諸→(小海線)→小淵沢→(中央東線)→塩尻→(篠ノ井線)→篠ノ井→(しなの鉄道)→小諸(またはその逆コース)と乗り継げばよいわけです。
 1963年から75年まで、長野を起終点として、上記のルートをたどる「循環急行」(設定当初は準急)なるものが運転されていたことがありますから、「信州環状鉄道」はあながち無理なこじつけとはいえません。ただし、小海線の南端部分は山梨県に属しており、純粋に信州内で完結はしていません。このルート上には、美しい車窓風景を楽しめるところや、途中下車したくなるような名所が多く、「信州周遊券」(→信州ワイド周遊券)が発売されていたころは、フリー乗降エリアの要のような存在でした。
 しばらくご無沙汰していた「信州環状鉄道」に、つい先日乗車してきました。その動機となったのは、篠ノ井線明科~西条間の旧線跡遊歩道です。以前からぜひ歩いてみたいと思っていたのですが、樹木の葉がまだ出ていないこの時期なら、鉄道遺産の観察にはもってこい。目的地をそこに定め、時計回りに一周してみたというわけです。
 篠ノ井線旧線跡には、明治期に建設された煉瓦積みのトンネルや橋梁が遺されていて、スイッチバック式だった信号場の跡もあります。昔を偲びながら深い森の中を行く旧線跡ウォーキングは、想像していた以上に気持ちの良いものでした。
 「信州環状鉄道」の車窓展望が、今も満足できるものであることを確認することができたのも「成果」といえましょう。雪を戴く山々の眺めは信州ならではの素晴らしさ。お洒落な特別車両を用意し、供食サービス付きの「循環列車」を運転したら、相当な人気を博するのではないか、そんなことまで考えてしまったポン太でした。

 まずは小海線からスタートです。この羽黒下駅あたりから山間部に入って行きます。ちなみに、羽黒下駅の駅舎は、佐久鉄道として開業した当時のままで、見応えがあります。
画像

 小海線きっての秘境駅といわれている佐久広瀬駅です。こういうのどかな雰囲気が味わえるのも、ローカル線ならではです。
画像

 野辺山駅付近の車窓に広がる八ヶ岳。これぞ高原鉄道、ザ・小海線、といった風景ではないでしょうか。
画像

 これは、往時の循環急行「すわ」号です。長野から出発し反時計回りで長野にもどる列車でした。時計回りで運転されていた列車には「のべやま」号という愛称がついていました。(清里~野辺山間にて、1970年8月28日撮影) 
画像

 観光名所にもなっている、海抜1375mのJR最高地点です。列車から前方を見ていると、踏切のところがサミットになっていることがよくわかります。
画像

 小淵沢で中央東線に乗り継いで茅野までやってきました。この353系の特急「あずさ」に追い越されましたが、今月16日のダイヤ改正により、特急「あずさ」はすべて353系電車で統一され、自由席が消滅。駅によっては停車本数が減って利用しにくくなった面もあり、今回のダイヤ改正に対する地元の評判は必ずしも良くないようです。
画像

 篠ノ井線の明科駅です。1902(明治35)年、篠ノ井線の開通と同時に開業した古い駅ですが、現駅舎は1927(昭和2)年の建築ということです。
画像

 明科駅前には「廃線敷遊歩道」の立派な案内板が立っていました。1988年9月に新線に切り替えられて廃線となった明科~西条間のうち、明科から旧第二白坂トンネルまでの区間が遊歩道として整備されています。
画像

 ここは、遊歩道の明科駅側の入口付近です。左側(西側)の展望がよく、北アルプスの常念岳等がよく見えます。旧線時代はビューポイントでしたが、新線は明科駅を出るとすぐにトンネルに入ってしまうので展望はありません。
画像

 廃線跡遊歩道には、通り抜けることができるトンネルが2箇所あります。これは全長125mの三五山(さごやま)トンネル。篠ノ井線のこの区間が開業したのは明治35(1902)年6月15日ですから、この煉瓦積みのトンネルは明治30年代前半の建造物ということになります。一見煉瓦のようには見えませんが、これは、電化に際して水滴が電線に付着するのを防ぐために、モルタルを吹き付けたためだということです。
画像

 トンネル内に入ると煉瓦積みであることがよくわかります。
画像

 踏切がそのまま残されているところもあり、廃線跡であることを実感します。この場所のように、僅かでもレールが存在していると嬉しいものです。
画像

 斜面災害を防止するための鉄道防備林が、全国に先駆けて整備されたということで、それもこの廃線跡遊歩道の見どころの1つです。当初はニセアカシアが、戦後はケヤキが植えられた由。見事なケヤキ林が続きます。
画像

 旧線跡の土手に咲いていた福寿草です。思わぬところで春を感じました。
画像

 今も前方を睨んだまま立ち続けている信号機が、廃線跡歩きの気分を盛り上げてくれます。
画像

 赤煉瓦の小沢川橋梁です。胸壁上部の仕上げ方が極めて特殊(小口の段が鋸歯状)ということなのですが、近寄ってみて、その形状を確認することができました。
画像

 三五山トンネルと同じく煉瓦積みの漆久保トンネルです。こちらは一見して煉瓦積みとわかり、明治期に建設された鉄道らしい雰囲気が漂っています。
画像

 スイッチバック式だったという潮沢信号場付近です。左側が本線、右手の少し高いところがスイッチバック線の跡ではないでしょうか。
画像

 遊歩道はここでおしまい。前方に旧第二白坂トンネルの入口がみえますが、入口が閉鎖されていて、通り抜けることはできません。明科にもどり、篠ノ井線の旅を続けました。
画像

 篠ノ井線きっての鉄道名所といえば姨捨駅。この付近からの眺めは、日本三大車窓の1つといわれています。
画像

 今回の目玉は篠ノ井線旧線の廃線跡歩きでしたが、「信州環状線」の沿線には見どころがたくさんあり、切り口を変えれば何度訪れても楽しめる、そう感じたポン太でした。

この記事へのコメント