「おやき」の故郷

 信州の郷土食の代表といえば、「おやき」をあげる人が多いと思います。東京のデパ地下にも、「おやき」の店が進出していますから、いまや全国的にも知られた存在かもしれません。ただ、信州は広いので、「おやき」が県内全域で日常的に食されているかといえば、必ずしもそうではありません。「おやき」を好む人が特に多いのは、北部の長野市を中心とした一帯ではないでしょうか。
 元々、「おやき」は家庭でつくるものであり、地域や各家庭によって、つくり方や具の内容は異なっています。ポン太が子供のころ、現在の千曲市域に住む親戚を訪ねた際に、つくってもらって食べたのが、ポン太にとっては、「おやき」初体験でした。その「おやき」のスタイルは、具を入れて蒸した後、油をひいたフライパンで焼くというもの。お店で売られているような饅頭形ではなく、平べったい形をしていました。ねちゃねちゃした食感が子供にとっては心地よいものではなく、しかも中に入っていた具が、ポン太の苦手とするナス(この地域独特の丸ナス)であったこともあり、ポン太の頭の中には、嫌いな食べ物としてインプットされてしまいました。
 その後長い間、「おやき」を食べることはありませんでしたが、10年ほど前、虫倉山に登ろうと長野市の中条地区(旧中条村)を訪れた際に、ポン太のイメージとはまったく異なる「おやき」を目にしました。試しに食べてみたところ、その美味しいこと。表面はカリっとしているのに、中はしっとりしており、たっぷり入っていた具がこれまた美味。ポン太の「おやき」観は見事にひっくり返され、また食べたい、何度でも食べたい、に変わりました。
 その「おやき」は、囲炉裏の灰を使って蒸し焼きにするというタイプ(灰焼きおやき)で、どうやらこれが「おやき」の原形のようです。長野市の西方に位置する旧中条村や小川村などの山間地域は西山地方とよばれていますが、その西山地方で食べられていた「おやき」が里へ降り、囲炉裏とは無縁な家庭へ普及する過程で、蒸すタイプや蒸して焼くタイプ等に枝分かれし、中に入れる具も様々に変化。その結果、食感も味も異なる、バリエーション豊かな信州の「おやき」文化が形成されたというわけです。そのようなことを知ると、いろいろな場所で「おやき」の食べ比べをしてみたい、そんな気持ちになりました。1箇所、あるいは1店舗の「おやき」を食べただけで、「おやき」とはこういうものだと判断するのは大間違いなのです。

 旧中条村の「やきもち家」という温泉付きの施設で、「灰焼きおやき」を食べることができます。そこは、はっきり言ってとんでもない山の中。初めて訪れた際には、なかなかたどり着くことができず、この道でよいのだろうかと不安になりました。これが、途中の道から見下ろした「やきもち家」の全景です。
画像

 「やきもち家」の本館は、古民家を移築したという茅葺きの趣のある建物です。
画像

 食堂のすぐ隣に囲炉裏があります。この雰囲気もまたご馳走の一部といえましょう。
画像

これが、「やきもち家」の「おやき」です。 写真に写っている「おやき」の具は、切干大根です。ポン太の好みからいえば、これと野沢菜入りのものが絶品です。
画像

旧中条村には、絵に描いたような山里の風景が広がっています。
画像

 小さな棚田の縁に、フキノトウがたくさん顔を出していて、山里にも確実に春がきていることを感じました。
画像

ここは山姥の里ということですが、一般的な昔話に出てくるような怖い存在ではなく、子供を可愛がり危険から守ったやさしい山姥であった由。とても山姥とは思えないこのような像が設置されています。
画像

 虫倉山の麓には、不動滝という立派な滝があります。 
画像

このあたりの沢にはサンショウウオが生息しているようで、その保護をよびかけるこんな看板がでていました。よく読むと、三番目の項に、驚きの文言が。えっ、飲む人がいるの?
画像

この記事へのコメント