サクラ咲く咲く佐久平

 今年の信州の桜は、開花が遅かった分、満開になるのも散るのも早く、あれよあれよという感じです。散ってしまう前に、見るべきところを見ておこうと、佐久平をひとめぐりしてきました。
 佐久平で一番の桜名所といえば長野牧場です。が、今回はあえてそこをはずし、これまで桜の季節には訪れたことのない場所や、訪れること自体が初めてというところに足を運んでみました。見てまわったのは、「関所破りの桜」「大池の枝垂れ桜」「蕃松院」「新海三社神社」「龍岡城」「さくラさく小径」。そう聞いてピンとくる人は、たぶん地元以外では稀ではないでしょうか。かくいうポン太も実は最近になって知ったところが多いのです。
 同じ佐久平の中とはいえ、桜のロケーションは千差万別。それぞれに個性があり、まさに「みんな違ってみんないい」です。ボリュームのある桜名所はもちろん見応えがありますが、じっくり眺めて楽しむには、むしろマイナーなところの方が優れているかもしれません。
 それにしても、桜はなぜこうも魅力的なのか。何度見ても飽きるということはありませんし、眺めているだけで明るい気持ちになります。佐久平の桜は終わりかけていますが、より標高の高いエリアでは、これからが見頃ですから、ポン太の桜行脚もまだしばらくは続けられそうです。

 五郎兵衛記念館前の「関所破りの桜」です。市川五郎兵衛は、江戸時代の初期、苦労して用水を開削し、佐久を米どころに変えた人物です。村人たちはその徳をしたって神社を建てました。そこに植える桜を受け取りに行った使者が、関所の通行手形を忘れ、役人に理由を話したところ通行を許されたことからこの名がついたとか。
画像

 大池という名の溜池の畔に咲く枝垂れ桜です。「関所破りの桜」と同じく、佐久市の西部、旧浅科村のエリアにあります。
画像

 大梁山蕃松院は、佐久市南部に位置する曹洞宗の古刹です。禅寺らしい凛とした佇まいがすばらしく、桜も端正です。
画像

画像

 こちらは新海三社神社です。佐久地方開拓の祖神を祀る古い神社ですが、神仏混淆の名残なのか、境内には三重の塔があります。そのまわりの桜が見事で、カメラマンには人気のあるスポットです。
画像

 神楽殿からみた三重の塔です。ちょっと珍しい風景ですね。
画像

 こんな角度で眺めていると、奈良、京都あるいは鎌倉にでも来ているような気分になります。
画像

 今回訪ねた場所の中では、最も知名度が高いと思われる龍岡城の桜です。日本に2つしかない五稜郭(もう1つは函館)で、星形の堀に花筏が浮かんでいました。
画像

佐久市民の散歩道になっている、「さくらサく小径」です。千曲川沿いにあります。
画像

「さくらサく小径」を歩いて行った先の千曲川のほとりでは、桜とユキヤナギが競演していました。
画像

おお、春になったなぁ、と感じさせる風景ではないでしょうか。
画像

この記事へのコメント