羽後交通雄勝線西馬音内駅~忘れ難き終着駅(9)

第9回 羽後交通雄勝線西馬音内駅(秋田県)

 西馬音内(にしもない)は、秋田県南部に位置する雄勝(おがち)郡羽後町の中心集落で、かつては奥羽本線の湯沢駅から西馬音内駅まで羽後交通雄勝線という鉄道が存在していました。
 1972(昭和47)年の夏休みに東北旅行へ出かけ、このローカル私鉄に乗車したのですが、西馬音内駅に降り立った時に受けた印象は、郷愁というよりもタイムスリップに近いものでした。過去の栄光を閉じ込め化石化したような古色蒼然たる駅舎、構内に置かれたレトロな車両群。古い映画の中に迷い込んだような気がして、鳥肌が立ちました。画像
 同線は、雄勝鉄道として1928(昭和3)年8月10日、湯沢~西馬音内間8.9kmを開業。1935年2月13日には梺(ふもと)駅まで延伸し、全長11.7kmの路線となりました。しかし、その延伸区間は1967年12月1日に廃止され、それ以降は西馬音内が終着駅でした。
 開業時から電化路線であり、ポール付きの電車で運行されてきたのですが、なんと1971年に電車を気動車に代える「内燃化」が実施されました。羽後交通のもう一つの路線であった横荘線(横手~沼館間)の廃止に伴う措置で、同線の気動車を転用することで、経費節減をはかろうとしたわけです。したがって、1972年の夏に訪れた際に乗車した列車は気動車で、西馬音内駅構内には、お役御免となった電車が多数留置されていました。雄勝線には、明治期に製造された古い客貨車も残っていて、それが実際に使われている姿を見ることもできました。今思えば、夢幻のような鉄道シーンの連続でした。
 訪問した翌年(1973年)の4月1日、同線は全線廃止となり、1回だけの乗車に終わってしまったのが残念です。

 西馬音内へむかう列車が発着していた湯沢駅の雄勝線ホームです。発車を待っていたのは、横荘線から来た気動車のキハ2。(1972年8月31日撮影、以下同様)
画像

 列車内は学校帰りの女子高校生でいっぱいでした。
画像

 羽後三輪駅です。駅舎はありましたが無人化されており、車掌が乗車券を回収していました。
画像

 こちらは貝沢駅。廃止まで半年強というこの時期でも、かなりの利用者がいました。前方の線路際には、架線を取り外された架線柱が並んでいます。
画像

 終点の西馬音内に到着した気動車です。車両端(西馬音内側)には荷台がついていました。
画像

 創建時には威風堂々たる建物であったと思われる西馬音内駅舎です。停まっていたバスもレトロでした。
画像

 構内には開業以来という古い電車(デハ3、1927年蒲田車輛製造製)が留置されていました。
画像

 こちらの電車(デハ5)は、都電の余った車体を利用して日本鉄道自動車で製造されたものだということです。
画像

 西馬音内駅構内には、こんなにたくさんの車両が留置されていました。先頭に置かれているのは、ロータリー雪掻車のユキ3です。
画像

 現役で使用中だったこの客車(ホハフ2)は、1910(明治43)年の鉄道院神戸工場製。骨董品といってもおかしくない雰囲気でした。(湯沢駅にて)
画像

 積み込み作業中のこの貨車(ワフ1)も明治生まれ。1903(明治36)年、官設鉄道神戸工場製だと知ったのは、だいぶ後になってからですが、このような鉄道博物館に並んでいてもおかしくないような車両が実際に使用されていたのです。(湯沢駅にて)
画像



 

この記事へのコメント