くたくたヨレヨレの松の内

 暮れから昨日(6日)まで、孫台風が猛威を振るっておりました。この台風は、避けるには可愛すぎ、立ち向かうには手強すぎるという、まことにやっかいな存在です。わが家だけではなく、世の多くのジイバアを悩ませていることと思います。
 この台風が停滞している間は、一時も気を許すことはできませんから、精神的にも肉体的にも疲労は蓄積する一方です。3歳半となった孫は成長著しく、いきなり戸棚を開けて中のものを全部出してしまうようなことはしなくなりましたが、知識が増え、口が達者になったことから、具体的なリクエストを矢継ぎ早に発するようになりました。
 「ジイジ、青い橋と龍の滑り台のある公園に行きたい」「ジイジ、温泉がいい」「ジイジ、○○を読んで」「ジイジ、○○が食べたい」「ジイジ、雪遊びをしよう」等々。その度に対応を迫られるわけですが、孫に嫌われてはならじと、動き回ってしまうのが、これまたジイバアの性であるため、くたくたヨレヨレになるのは必定。自分のことに取り組む余裕はまったくなく、ブログ更新も今日まで不可能でした。
 今年は暖かな正月でしたので、公園で遊ばせるという点では問題はありませんでした。しかし、足が速くなっているので、後についていくのが大変で、しばらく遊ばせるともうくたくたです。そり遊びがしたいというので、近くのスキー場にも連れて行きましたが、意外にも少し滑っただけで「もういい」。どうやら、そりのスピードが速すぎて、怖くなってしまったようです。絶叫マシンに何度も乗せられたような気分だったのかもしれません。
 家の中で遊ばせるときには、またそれなりに知恵を絞らなければなりません。この正月の大ヒットアイデアは紙飛行機でした。チラシを折ってつくっただけのお手軽なものですが、これが結構よく飛ぶので、孫は大喜び。おかげで、毎日、朝から晩まで家の中を紙飛行機が飛び交うこととなりました。孫を遊ばせるネタにお困りの方はぜひお試しあれ。


 公園で遊んでいる姿は可愛いものですが・・・
DSCF8232.JPG
 走り出したら追いつくのが大変です。今日の浅間山はきれいだと眺めているヒマなどありません。
浅間山麓を走る.JPG
 こちらは佐久パーキングエリアに隣接したパラダスキー場。人工雪なので雪が降らなくても営業可能です。アクセスがよいせいか、かなりの賑わいでした。
パラダ.JPG
 子供むけのそり遊びコーナーがあり、そこで孫を遊ばせました。見た目よりも傾斜があります。
キッズコーナー.JPG
 かなりのスピードが出るので、孫は目を開けていられなかったようです。
そり.JPG
 ほんの僅かですが、雪が降った日があり、うっすらと白くなった庭で、ちょっとだけ雪遊びをさせることができました。
うっすら積もった雪DSCF8310.JPG
 雪の量が少ないので、本格的な雪だるまをつくることはできず、ミニミニ雪だるまを並べて遊びました。
雪だるま?.JPG
 1月3日の朝、ほんの僅かな時間だけでしたが、今季初の霧氷を見ることができました。
中山道の霧氷.JPG
 これがこの正月の大ヒット作、紙飛行機です。新聞の折り込みチラシでつくりましたが、ぺらぺらの薄い紙のものが一番よく飛ぶようです。
紙飛行機.JPG
 それいけ、えい! いつの間にかジイジも夢中になって飛ばしていました。
飛べ.JPG
 この年末年始、ストレスを感じたのは買い物です。スーパーツルヤ御代田店が改築により休業中のため、「アレが足りない、どうしても欲しい」といった場合、遠方の店舗まで時間をかけて出かけなければならなかったからです。4月の開業が待ち遠しい御代田店ですが、本体の鉄骨が組み上がり全体像が見えてきました。以前の店舗よりかなり大きなものになりそうです。
DSCF8299.JPG
 薬局やクリーニング店、花屋、100円ショップなどが入る別棟はほぼ完成し、今月中にオープンする由。いままでわが家の近くには存在していなかった100円ショップができるのは朗報といえましょう。
DSCF8300.JPG
 早起きした孫が、「お空が真っ赤だよ」と騒いでいたので、窓の外を見るとみごとな朝焼けでした。ふだん経験できないことをいろいろ経験した孫は満足したに相違ない。そう信じつつ、新幹線で帰っていく孫を見送った、くたくたヨレヨレのジイとバアでした。
朝焼け.JPG
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

ギャラリー静河
2020年01月08日 01:22
あけましておめでとうございます。今年もよろしくです!

少子高齢化の時代、孫と遊べるのは最高の贅沢ですよ。
一人でお正月を過ごしている友人も多々おります。
そんなことで、孫にポン太の知恵を伝えてください。

実は小生もおばあちゃん子で、ばあさんの手伝いやら、お寺参りやらで、明治の人の手仕事や生活の知恵を知らず知らずに身につけてしまいました。

ポン太
2020年01月08日 18:40
新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
おっしゃるとおり、昔の遊びや生活習慣、昔ながらの本物の味わい等を伝えるのはジイバアの大きな役割ですね。可能な限りがんばってみたいと思います。