陳腐だが心強い消防出初め式

 地域のイベントは何でも見てやろうという野次馬根性だけは旺盛なポン太です。「回覧板」で目にとまったのが「御代田消防出初め式」。ご近所の方が、長年消防団で活動され、表彰されたという話は聞いていましたが、「出初め式」というものは、まだ一度も見たことがありません。新年最初に見るべきものはこれかなと、会場に足を運んでみました。
 詳しい内容までは公表されていなかったので、まずは式典が行われるというエコールみよた「あつもりホール」へ。入口まで行くと、「一般の方ですか」と聞かれ、係の者が案内しますと連れて行かれたのが、二階の立ち見席。見下ろすと、下の客席は全てはっぴ姿の消防団員で埋まっていました。立ち見席にいたのはほんの数人。どうやら「式典」は消防団員のためのもので、「一般」はおよびでなかったようです。それでも、どんなことが行われるか興味が湧き、しばらく眺めておりました。町長や消防関係の幹部が登壇する度に、ラッパが鳴り響き、全員が直立不動で敬礼。すべてが軍隊式といってよいでしょう。規律や機敏な集団行動が要求される組織ですから、やむを得ないことかとは思いますが、そこまでやる必要があるのだろうかと、ちょっと陳腐さを感じてしまいました。
 消防団はなぜ現代でも「はっぴ姿」なのでしょうか。壇上にまといが飾ってあるところをみると、江戸時代以来の火消しの伝統を受け継ぎたいということなのかもしれませんが、作業着として適切なものなのかどうか私にはわかりません。式典のための「晴れ着」ということであれば納得です。近年、地方の山村では、高齢化で消防団員のなり手がなく困っているという話をよく聞きます。会場を眺めてみると、若者がたくさんいて、これには、心強さを感じました。
 式典の後、御代田駅前でパレードがあるということでしたので、そちらへ向かうことにしました。警備の人に、放水などのパフォーマンスもあるのですかと尋ねると、「この時季にそんなことをしたら、凍結して大変なことになりますよ」との返事。間抜けな質問でした。
 駅前では大勢の人がパレードを待っているのではと思いきや、ギャラリーは全部合わせても50名いたかどうか。警備の人数の方が明らかに上回っていました。パレードは堂々としたものでしたので、消防団の存在を示し、PRするよい機会となるはずなのですが・・・。ローカルなイベントを見ていつも思うことは、発信力の弱さ。残念なことです。

 「エコールみよた」で行われた式典の様子です。はっぴ姿がこれだけそろうと壮観。いや、ちょっと陳腐な感じもしますが・・・。
出初め式典/エコー^ル御代田.JPG
 子供たちは会場の外に並んだ消防車に興味津々。
消防車に興味津々.JPG
 団長を先頭に分列行進がはじまりました。ここから御代田駅前へとむかいます。
分裂行進開始.JPG
 御代田町消防団ご自慢のラッパ隊の演奏です。北佐久代表として県大会に出場し、6位になったということで、音がきれいにそろっていました。
自慢の喇叭隊.JPG
 駅前には町長、副町長のほか、消防委員会幹部や近隣エリアの消防団長等が整列し、その前をパレードが進むという、ミニ観閲式のような感じ。
町長以下居並ぶ来賓.JPG
 パレードが御代田駅前にさしかかりました。緊張からか、ちょっとぎこちないようにも見えましたが、みなさん一所懸命です。
御代田駅前を通過.JPG
 お父さん、お兄ちゃんがんばって!
お父さんがんばって.JPG
 ラッパ隊に敬礼!
喇叭隊の前を通過.JPG
 駅前なのにギャラリーはこれだけ。ちょっと寂しいですね。
ギャラリーが少ない.JPG
 団員の分列行進に続いて、車両部隊のパレードです。
車両部隊の行進.JPG
 しんがりは救急車。お世話にはなりたくないですが、いつも近くで待機してくれていると思うと心強いですね。
しんがりは救急車.JPG
 路地を引き上げていく車列の中には、こんな可愛らしい軽の消防自動車もありました。
可愛い消防車も参加.JPG
 この日、どんと焼きが行われた地区もありました。火が燃え広がらないように見守るのも消防団員の役割。ご苦労様です。
どんと焼き②.JPG
 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ギャラリー静河
2020年01月22日 20:47
御代田町の消防団万歳ですね。
東京は人口が多いのにも関わらず消防団に入団する人はほとんどいません。人集めに四苦八苦のようですよ!!

一昨年に東京消防庁の出初式を見聞に行ってきましたが、こちらはなかなかのもので、あまりにも観覧者が多く、外部のスクリーンで見物でした。

団の内部事情はわかりませんが、親分子分の関係から早く脱却したいですよね。。。
ポン太
2020年01月24日 21:15
直接観覧できないほど観客が集まるというのは、さすが東京消防庁ですね。こちらでは、どんなイベントでも、人が溢れて大変という目にあうことはまずありません。もう少し発信力を強化して、人を集めたほうがよいのでは、と思うことばかりです。もっとも、住民の数が段違いに少ないので、やむを得ない面もありますが。