渚滑線北見滝ノ上駅~忘れ難き終着駅(11)

第11回 渚滑(しょこつ)線北見滝ノ上駅(北海道)

 最近気に入っているテレビ番組の一つがNHKの「日本人のおなまえっ!」。人名だけでなく、地名など様々な名前の由来を掘り下げていく内容が面白く、なるほどと納得することが多いからです。
 鉄道路線の「おなまえ」も興味深いものがあります。国鉄時代には、地域ごとに「○○線の部」と称するグループに分けられ、そのグループの中心をなす路線に本線の名を与えるというルールがありました。例えば「東北線の部」の盟主は東北本線で、その下に両毛線や日光線などがあるというスタイルです。江戸時代の藩に例えれば、本線=殿様、支線=家臣のような感じでしょうか。
 国鉄の分割民営化という時代の流れの中で、不採算と見なされた多くの支線が姿を消して行きましたが、本線まですべて消滅というケースは稀です。その稀なケースに該当したのが北海道のオホーツク沿岸に路線網を広げていた「名寄線の部」でした。そこには盟主の名寄本線以下、興浜南線、渚滑線、湧網線、そして名寄本線の支線扱いだった中湧別~湧別間が属していましたがすべて消滅。まさに一族郎党根絶やしとなったのです。
 このエリアの鉄道に乗りに出かけた際、特に注目したのが、渚滑線の北見滝ノ上駅と名寄本線の僅か一駅だけ(ただし途中に四号線という乗降場あり)の支線の終点であった湧別駅です。今回のタイトルは前者ですが、後者も一緒に取り上げることにします。
 渚滑線はオホーツク沿岸の渚滑駅で名寄本線から分岐し、内陸の山間部へと分け入る路線でした。何のために敷設され、どのように利用されている路線なのか、終点の北見滝ノ上とはどんなところなのか。興味津々で乗車しました。列車はディーゼルカー1両だけで乗客は数えるほど。沿線風景にさほど特色があるわけではなく、平凡な閑散線区のように見えました。ところが、滝ノ下駅で交換した貨物列車を見てびっくり。数多くの貨車を連ねた堂々たるものだったからです。終点の北見滝ノ上駅も、ホームは片面1線のみとはいえ構内は結構な広さでおどろきました。滝上町は豊富な森林資源を有し、馬鈴薯やハッカ、テンサイといった農産物の産地でもあり、渚滑線は農林産物の輸送ルートとして重要な役割を果たしていたわけです。当時の旅行メモには「切り出された木材が山をなし、予想していたよりもずっと開けた感じ」とあります。町の人口も1万人を超えていたようです。
 実はこの渚滑線の歴史は意外に古いのです。名寄線の全通(1921年)の僅か2年後の1923(大正12)年11月5日に、渚滑~北見滝ノ上間が開通しています。同じ日に名寄線は名寄本線と改称しており、渚滑線という「家臣」ができて「本線」になれたわけです。
 一方の湧別駅ですが、開業時は下湧別(1954年に湧別と改称)と称していました。湧別軽便線として社名淵(のちの開盛)~下湧別間が開業したのは1916(大正5)年11月21日です。なぜ軽便線だったのかといえば、後に石北本線や名寄本線を形成することになる路線を促成する方便として、手続きが簡単な軽便線という形をとったからです。湧別軽便線(1922年、湧別線と改称)の終着駅として開業した同駅ですが、1932(昭和7)年に、湧別線が名寄本線に統合されたことで、旧名寄本線よりも歴史の古い湧別駅も名寄本線の一員となりました。1956(昭和31)年12月の時刻表によれば、湧別駅に発着する列車は一日7往復(うち5往復は網走に直通)もあり、かなりの賑わいだったようです。しかし、私が乗車した1972(昭和47)年には、1日2往復という国鉄全路線の中で二番目に本数の少ない、超閑散路線となっていました。
 「名寄線の部」の鉄道網形成史に大きな足跡を残した両線でしたが、渚滑線は1985年4月1日に、湧別支線は名寄本線の廃止時(1989年5月1日)に本体部分と一緒に廃止されました。取りつぶされた藩と家臣の悲哀のようなものを感じてしまう、忘れ難き終着駅なのです。

 渚滑線というのはこのような場所にありました。これは1972(昭和47)年の鉄道路線図(時刻表の索引地図から抜粋)ですが、赤丸を付した駅が今回取り上げた北見滝ノ上駅と湧別駅です。
名寄線の部地図/JTB時刻表2のコピー.jpg
 渚滑線が分岐していた渚滑駅付近を行く名寄本線の貨物列車(691列車)です。渚滑自体は小さな集落ですが、名寄本線の貨物列車は堂々たるものでした。(1970年7月15日撮影)
700715渚滑駅を出る名寄本線691レ.jpg
 滝ノ下駅で交換した渚滑線の貨物列車です。ローカル線らしからぬ長大な編成で驚きました。(1972年3月8日撮影)
720308渚滑線の貨物列車49648牽引/滝ノ下.jpg
 渚滑線の終点、北見滝ノ上駅に到着した渚滑発8:22の723D列車です。キハ2219の単行で乗客はまばらでしたが、駅舎は立派で構内も広々としていました。(1972年3月8日撮影)
720308渚滑線723Dキハ2219/北見滝ノ上.jpg
 一日の列車本数は、下りが9本(1本は区間列車で休日運休)上りが7本と、北海道のローカル線としては多い方で、5往復は紋別まで直通していましたから、利便性という点ではそう悪い路線ではありませんでした。北見滝ノ上駅には、駅員が配置されており、入場券も売っていました。
北見滝ノ上駅入場券002.jpg
 こちらは、名寄本線の支線、湧別駅に着いたキハ22303単行の940D列車です。この列車の始発駅は湧網線の佐呂間駅で、私もそこから乗車したのですが、中湧別から湧別へむかった乗客は私一人だけでした。途中の四号線という乗降場で一人乗ってきましたが、この日この列車で湧別駅に降り立った乗客は僅か二人。車内に載せられていた新聞の束を輸送するのが目的のような列車でした。(1972年3月5日撮影)
720305湧別駅ホームの923D.jpg
 湧別の駅舎です。雪の中を自転車でやってきたのは、新聞を受け取りに来た人でしょうか。(1972年3月5日撮影)
720305湧別駅舎.jpg
 この時点では無人駅ではなく、入場券を買うことができました。因みに、中湧別~湧別間の列車は、中湧別発が7:09(940D)と16:23(928D)、湧別発が7:22(923D)と16:37(943D)の1日2往復のみ。
湧別駅入場券001.jpg
 私が乗車した列車(940D)の始発駅、湧網線佐呂間駅の風景です。右側は網走行の921D、左側が乗車した940Dです。この湧網線も消えてしまい、今はオホーツク沿岸を鉄道でたどることはできません。(1972年3月5日撮影)
720305湧網線921D(右)と940D(湧別行)/佐呂間駅.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント