鍛冶屋線鍛冶屋駅~忘れ難き終着駅(13)

第13回 鍛冶屋線鍛冶屋駅(兵庫県)

 鍛冶屋線と聞いて、イメージが湧く人は少ないのではないでしょうか。沿線に、全国的に有名な観光地があるわけではなく、車窓風景もとりたてて優れていたとは言い難い、有り体に言えば平凡な生活路線だったからです。
 私が鍛冶屋線に乗車したのは、今から47年前の1973(昭和48)年、学生生活最後の年でした。同じ同好会に所属していた友人がこの沿線の出身で、旧家と聞くその友人宅を尋ねたいと思っていたことと、鉄道全線乗車の布石にもなるということが訪問の動機だったと思います。
 鍛冶屋線は、現存している加古川線(JR西日本)の支線にあたる路線です。しかし、列車の運転系統からみると、鍛冶屋線の列車のほとんどが、加古川線から直通していましたので、実質的には加古川線の本線(の末端部分)といってもよい存在でした。とくに、沿線の西脇市は綿工業(播州織)で知られた北播磨北部の中心都市であり、西脇駅が市の中心部に位置していたことから、利用者も多かったと思います。西脇から先の区間は閑散線区のイメージでしたが、曽我井、中村町そして終点の鍛冶屋の三駅が属していた中町(現、多可町)は、第一回国勢調査が行われた1920(大正9)年には、西脇や三木、加古川を凌ぐ人口を有していたそうですから、鉄道敷設が企図されるだけの豊かな地域だったのでしょう。酒米の生産が盛んで、有名な山田錦発祥の地といわれています。京都へ通じる裏街道の要衝でもあったということで、終点の鍛冶屋駅は、古びてはいたものの、終着駅らしい風情があり、周辺の集落も歴史を感じさせるものでした。
 多くの支線(鍛冶屋線のほか、北条、三木、高砂の各線)を擁した加古川線は、開業時は播州鉄道(のち播丹鉄道)という私鉄でした。『日本国有鉄道100年史』には、「酒造用の米穀を主とする農産物など、地方産業および交通運輸の発展を促進すること」が敷設の目的であったと記されています。1913(大正2)年に開業した最初の路線は、加古川から西脇へ通じるもので、鍛冶屋まで延長開業したのは、1923(大正12)年5月6日です。その翌年の12月に、途中の野村(現、西脇市)から福知山線の谷川へ繋がる路線が開通したことで、そちらが「本線」となり、戦時買収による国有化を経て、野村~鍛冶屋間は国鉄(のちJR)鍛冶屋線となったわけです。
 加古川線の支線の中では、鍛冶屋線の利用者が最も多く、野村~西脇間だけをみれば、廃止基準を上回っていたとされます。かの宮脇俊三氏が「線名おそるべし」というようなことを書かれていたと思いますが、もし、鍛冶屋線を名乗らずに、加古川線という扱いであったなら、今も走っていた可能性があったのではないでしょうか。1990(平成2)年3月31日限りで廃止となり、分岐駅であった野村駅が西脇市駅と改称されました。しかし、同駅は市の中心部からはずれているため、コミュニティバスは運行されているものの、それを利用して加古川線に乗り継ぐ人はほとんどいないという話を、上述の友人から聞きました。ちなみに、現在、西脇方面へ行く際のメインルートとして利用されているのは、大阪、神戸から直通する高速、急行バスだそうです。
 線名ゆえにしっぽ切りされてしまったようで、気の毒な気がする鍛冶屋線。終点の鍛冶屋駅の駅舎自体は現存し、鉄道資料館になっているということなので、機会があれば再訪してみたいものです。


 鍛冶屋線を含む加古川線グループの路線図(『旅客事務用鉄道路線図』1964年版より)です。現在、「本線」にあたる加古川線以外で存続しているのは、第三セクター化された北条線(現、北条鉄道)のみです。なお、鍛冶屋線の曽我井駅(1961年に羽安~中村町間に開設)が、この地図には掲載されていません。

加古川線路線図(1964年).jpg
 起点の野村駅(現、西脇市駅)と終点の鍛冶屋駅の入場券です。
鍛冶屋駅入場券002.jpg
 起点の野村駅の風景です。谷川方面への乗り換え駅として賑わっていました。(1973年6月6日撮影)
730606加古川線/野村037.jpg
 終点の鍛冶屋駅です。朝夕は大勢の通学客が利用していました。(1973年6月5日撮影)
730605鍛冶屋線鍛冶屋駅042.jpg
 鍛冶屋駅の駅前通りです。まだ廃線の危機がせまっていたわけではなく、駅前の看板を見ると、当時の地域にとって、貨物の車扱い取り止めが大きな問題であったようです。(同上)
730605鍛冶屋線鍛冶屋駅前風景043.jpg
 鍛冶屋駅のホーム側です。農産物の集散地であったことから、立派な貨物ホームを有していました。(同上)
730605鍛冶屋鍛冶屋駅構内044.jpg
 こちらは、中町(当時)の中心集落であった中村町駅前の風景です。(1973年6月6日撮影)
730606鍛冶屋線中町の通り036.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント