梅雨空の下でも野菜は美味

 梅雨らしいといえばそれまでですが、ここ1週間ほど、雨の降らない日はありません。幸い、災害に直結するような豪雨にはなっていませんが、野山を歩き回ることはできず、雨の止み間を利用して、家の周りを散歩するのが関の山です。
 そのような日々の中で、ささやかな楽しみを与えてくれるスポットといえるのが野菜の直売所です。地元産の野菜が旬をむかえており、畑から直接持ち込まれる野菜は、鮮度抜群でとにかく美味です。もちろん価格は超リーズナブルですから、スーパーには悪いのですが、夏野菜の大半は直売所で調達することになります。
 珍しい野菜と出合うことも多く、先日は、サボイキャベツなるものをゲットしました。葉が縮れていて、白菜とキャベツを足して2で割ったような感じの野菜です。煮て食べると美味しいという話でしたので、同じ直売所に並んでいたビートと一緒に煮込んで、ボルシチ風のシチューをつくってみました。煮崩れしないので、シャキシャキ感が楽しめました。スライサーで千切りし、サラダにした場合も歯触りが良く、美味しく食べることができました。このほかロマネスコという不思議な形をした野菜も入手しましたが、こちらはカリフラワーのコリコリ感とブロッコリーの甘みをミックスしたような感じで、いろいろな料理に応用できそうです。
 さて、わが家の菜園の野菜や果実はどうなったかというと、レタスはすでに食べ尽くし、キューリやトマトが実るのを待っているところです。山東菜は、虫除けの網を設置したところだけは育ちましたが、それ以外は虫に食べられて茎しか残っていません。高冷地といえども葉物の無農薬栽培は難しいものです。虫除け網の中を、なんと蝶が飛び回っていました。成虫になって入ったのではなく、山東菜をエサに育ったのでしょう。醜い蛾でなくてよかったと思うしかありません。
 アンズやプラムは全く実をつけずがっかりですが、今年の期待の星はブルーベリーです。かなりの数の実が成り、すでに完熟状態になっているものもありますので、今後の収穫が楽しみです。
 家のまわりではこの時季らしい花が咲いています。筆頭はアジサイです。ここ数年全く花が咲かず、冬の寒さに耐えられなくなったかと心配しておりましたので、久々にたくさんの花を見て嬉しくなりました。
 花壇ではユリも咲いています。初めて植えてみたアスター(エゾギク)も咲き始めました。驚いたのは、はやくもコスモスが開花したことです。梅雨も明けていないのに、庭の片隅では、すでに秋の気配が漂い始めました。

 いつもお世話になっている直売所の1つがここです。御代田町の浅間サンライン沿いにあります。
塩野の直売所.JPG
 入口の台の上に白菜が並んでいます。白菜=冬=鍋物というイメージですが、当地では今が旬。夏の白菜の方が美味しいといわれていますので、ポン太もゲットしました。
店頭の野菜.JPG
 直売所の前に花壇が設けられていて、色とりどりの花が咲いていました。看板に「中山間地」とあるように、確かにここは標高の高いところです。こういう環境で育つ野菜が、美味しくないはずはありません。
直売所前の花壇.JPG
 すぐ近くには人気の蕎麦店「地粉や」があります。コロナ禍にもめげず、いつの間にか駐車場が舗装されていました。
地粉屋.JPG
 直売所のはすむかいにあった、こちらのフレンチレストラン「エマーブル」は、残念ながら閉店してしまいました。
エマーブル閉店.JPG
 浅間サンライン沿いにあるラベンダーの畑です。ちょうど花が満開になったところで、梅雨空の下でも鮮やかに見えます。
ラベンダーは岳.JPG
 直売所で入手したサボイキャベツがこれです。キャベツ?白菜?、何だろうこれはといった感じです。サボイというのはフランスの産地の地名とか。
サボイキャベツ.JPG
 これが、一見グロテスクなロマネスコ(左)とビート(右)です。ロマネスコはイタリアの野菜で、ローマ近郊では16世紀から栽培されているそうです。
ビートと不思議な野菜.JPG
 大根にもこんなタイプがあります。左右の赤大根は中まで真っ赤で、スライスして甘酢漬けにすると美味。真ん中のふとっちょ大根は辛みが際立ちます。
大根家族.JPG
 これが赤大根の甘酢漬けです。着色料を使用したわけではないのに、血の滴るようなこの色。知らない人はドキッとするでしょうね。
赤大根の甘酢漬け.JPG
 わが家で今一番の期待の星はこのブルーベリー。良い感じに熟してきました。
ブルーベリー.JPG
 山東菜を虫から守るために防虫網を設置しましたが、その中で蝶が数匹飛び回っていました。ムムッ??
囲われた蝶.JPG
 花壇ではユリが咲きました。マリーゴールドも日に日に大きくなっています。
百合とマーガレット.JPG
 久しぶりに咲いてくれたアジサイです。多摩の古巣から移植し、挿し木で増やしたものです。土壌の影響か、花の色が全部白くなってしまいました。
アジサイ.JPG
 初めて植えてみたアスター(エゾギク)ですが、無事に大きくなり開花しました。
アスター.JPG
 森の中では、ヤマホタルブクロが咲いていました。
ホタルブクロ.JPG
 これは、自らは光合成をおこなわないオニノヤガラという腐生植物です。漢方薬の原料になるそうです。昨年、ご近所の家の庭に変わった植物があると聞き、見せてもらいましたが、わが家の森にも現れるとは。
オニノヤガラ.JPG
 今年最初に咲いたコスモスです。この花を見れば、秋を感じないわけにはいきません。
コスモスが咲いた.JPG
 孫を喜ばせようと、切り株を利用して「お猿のジョージ」をつくってみました。自分でつくっておいてなんですが、雨の降りしきる森の中にこれが立っているのを見ると、ちょっとドキッとします。
おさるのジョージ.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント