テーマ:雑記

浅間山麓にブルーの新風 -しなの鉄道に新型車両登場-

 東京都で新型コロナ感染者の増加が顕著になったり、九州では甚大な水害が発生したりと、暗いニュースが多い中で、浅間山麓ではちょっぴり明るいニュースがありました。それは、しなの鉄道発足以来はじめての新型車両となるSR1系の営業運転が始まったことです。  今回投入された3編成6両は、有料ライナー仕様で、平日は、「サンライズしなの」号及び「サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不作のアンズに右往左往するも

 わが家のアンズが1つも実っていません。これはおかしいぞと思っていたところ、主産地の千曲市でも、収穫が例年の4割程度という不作であることが明らかになりました。暖冬で開花は早かったのですが、その後に寒波がきたことが災いしたようです。素人考えですが、虫の活動が不活発で受粉がうまくいかなかったのかもしれません。わが家ではアンズだけでなく、リン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至宝の山と森-黒斑山を歩いて-

 先週末に県を跨いでの移動自粛が解除されて以来、浅間山麓でも県外ナンバーの車を見かけることが多くなりました。梅雨の晴れ間に、黒斑山に出かけてみたところ、登山口(車坂峠)の駐車場は満車状態で、登山道を歩いている人の数も、これまで見たことがないほどの多さでした。全体的にみて、若い人や家族連れの比率が高く、高齢者は少ないという印象です。やはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨晴れの鹿沢の山へ-山頂にもレンゲツツジ-

 梅雨の晴れ間を利用して、湯ノ丸高原へレンゲツツジを見にでかけました。いつもは湯ノ丸山への登山道沿いある「ツツジ平」を中心に見て歩くのですが、湯ノ丸山は先日登ったばかりですので、今回は例年とは違う場所を歩いてみることにしました。  地蔵峠を群馬県側に少し下ったところに、桟敷山という山があります。その隣の小桟敷山との間には「せんべい平」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーガレットではなかった

 北海道に似た気候の浅間山麓ですが、北海道とは違って梅雨は存在し、梅雨入りや梅雨明けのタイミングは関東地方とほぼ同じです。ただ、東京周辺と比べると気温が6~7度低いことと、降水量自体が7割程度と少ないので、それほど鬱陶しい感じはしません。  この時季に散歩にでかけると、道端や空き地に白い花が無数に咲いているのを見かけます。花の形から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可愛いお客様 -小鳥と蝶-

 わが家の木製のポストが、シジュウカラの巣づくりに占領されました。毎年、この時季になると、ポストの中にコケや枯れ枝などが大量に入っていることが多く、最初は子供のいたずらかと思い、すぐに取り除いていたのですが、小鳥の仕業であることがわかったことと、あんなに小さな身体で、せっせと運んだ労力を無にしてしまうのは忍びないと考え、今年はそのまま放…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鍛冶屋線鍛冶屋駅~忘れ難き終着駅(13)

第13回 鍛冶屋線鍛冶屋駅(兵庫県)  鍛冶屋線と聞いて、イメージが湧く人は少ないのではないでしょうか。沿線に、全国的に有名な観光地があるわけではなく、車窓風景もとりたてて優れていたとは言い難い、有り体に言えば平凡な生活路線だったからです。  私が鍛冶屋線に乗車したのは、今から47年前の1973(昭和48)年、学生生活最後の年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「佐久の名山」、二つの頂へ - 城山と虚空蔵山-

 一日で、「佐久の名山」二峰に登ってきました。佐久商工会議所が発行した『佐久の名山ガイド』という冊子に掲載されていた17峰の中に、これまで登ったことがなく、名前すら認識していなかった山が二つ含まれていたので、出かけてみようという気になったからです。それは、城山(じょうやま)と虚空蔵山(こくぞうさん)です。どちらも登頂が極めて容易な里山で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑もアートだ

 山も野も里も緑一色。植物の生長の早さ、その勢いには圧倒されるばかりです。草や木の芳香をたっぷり含んだ美味しい空気。思わず立ち止まって深呼吸したくなります。畑では高原野菜の植え付けが盛んにおこなわれており、田には水がはられ、田植えが始まったところもあります。  田舎の風景といえば、全国的には「田んぼ」が主役ですが、ここ浅間山麓では、レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コシアブラをかえせ

 そろそろヤマツツジが咲いているのではと、平尾山へ出かけてみました。期待に違わず、登山口に近いところでは満開。中腹でも日当たりのよいところでは次々と咲き始めていて、新緑の森に赤い絵の具を散らしたような美しさでした。栽培種と比べると花は小さく、数も少ないので、豪華絢爛という感じにはなりませんが、新緑を邪魔しない程度に自己主張しているところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の森に咲く花々

 北海道や東京、大阪など8都道府県を除く39県で、緊急事態宣言が解除されました。長野県も解除された県の1つですが、巷では「嬉しいが怖い」という声が多く聞かれます。新型コロナウイルスが消滅したわけではなく、特効薬やワクチンの開発がまだできていないのですから当然でしょう。市民の真面目な努力(外出自粛、人との距離をとる、手洗い励行、マスク着用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眩い新緑と山麓を彩る花々

 ゴールデンウィークならぬステイホームウィークが終わりました。浅間山麓では、ヤマザクラや八重ザクラを除いてほとんどの桜は散ってしまい、山も森も野もすべてが眩いばかりの新緑に包まれています。毎日のように新しい花が咲き、わが家の話題も「今日は○○が咲いたよ」「○○には○○も咲いている」といった類が多くなりました。  ポン太の庭では、リンゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌声喫茶オープン

 この「コロナ自粛」の最中に、歌声喫茶がオープンするなどあり得ないと思われるでしょうね。いえいえあり得るのです。お店ではなく「おうち歌声喫茶」ですから。  今は、コンサートや○○の集いといったあらゆるイベントが中止となっており、ナマで楽しめるものがありません。それではいささか味気ないので、一計を案じたというわけです。用意したものは、歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカル山を経てモンブランに登頂!?

 先月はモンブランに登頂しました。「コロナ」が猛威をふるっているこの時期に、ヨーロッパアルプスの最高峰であるモンブランに登頂? ウソに決まっているだろうと思われるかもしれません。そのとおり、ウソといえばウソですが、まったくのデタラメというわけではありません。  生活エリアである浅間山麓から一歩も出ないという「自粛」生活を送る中で、健康…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご近所の桜でお花見

 ゴールデンウィークならぬ「ステイホームウィーク」が始まりました。「(県外へ)出るな、(県内へ)来るな」という自粛要請、そして「信州の観光はお休み中です」という 知事のアピールが功を奏したのか、浅間山麓の人出は予想していたよりもずっと少なく、軽井沢駅前では8割減となったそうです。老舗の万平ホテルやプリンスホテルなど休業している宿泊施設も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交錯する春と冬

  高冷地の住人にとって春の訪れほど嬉しいものはありません。桜のシーズンが首都圏よりほぼ1ヶ月遅い浅間山麓では、桜より前に咲く花に春の訪れを感じます。梢の先の蕾がほころんで2~3輪の花が咲いているのを見つけると、おっ、○○が咲いたぞ、と嬉しくなって、そこら中を駆け回りたい気持ちになるといっても過言ではないでしょう。「コロナ」の暗雲が垂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノスタルジーという名の妙薬

 単純に「昔は良かった」とか、「古き良き時代」などとはいえません。例えば、ポン太やその少し上の世代では、高度成長時代を懐かしむ人が多いと思います。右肩上がりで希望に満ちた良き時代であったと。しかし、その陰には悲惨な公害や出稼ぎ労働者・日雇い労働者の過酷な労働があったのであり、そのことを忘れてはならないでしょう。どんな時代にも光と陰がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭菜園で「コロナ」に対抗

 春らしい陽気に包まれた一日、家庭菜園で汗を流しました。人間ではなく専ら土と対話する作業ですから、「コロナ」に邪魔される心配はなく、もちろん自粛の必要もありません。  新型コロナウイルスの感染は拡大の一途で、終息の見通しはまったく立っていません。長期戦になると見ている専門家も多いようですから、年の初めに思い描いていた旅の計画や、会合、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪解(ゆきげ)の風情

 前回のブログをアップして間もなく、30センチ強の積雪に見舞われました。まったくもって春は行きつ戻りつです。この時季の雪はすぐに解けてしまうのが普通ですが、今回は積雪量が多かったので、それから数日経った今でも日陰にはまだ少し雪が残っています。  不思議なことに、雪が無い状態よりも、雪解けが進んでいく様を眺めている方が、より一層春の訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行きつ戻りつの春

 テレビのニュースは「コロナ」一色。世界の状況をみれば極東の島国だけが無事に済むとは思えません。  その島国の某首相の対応は大丈夫でしょうか。唐突過ぎたという問題はあるものの、学校の一斉休校については、「注意喚起」という点で一定の評価はできます。しかし、その後の対応はまったくちぐはぐ。感染拡大への懸念を示しながら、原則として学校の再開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なつかしき多摩丘陵の春

 孫の風邪が長引いて登園もままならないという連絡を受け、ここはジイバアの出番と、多摩丘陵の古巣へ助っ人に出かけてきました。  家の中にばかりいては、運動不足になってしまうので、孫の世話の合間に、近くの丘陵を歩いてみました。すでに桜が咲いているところもあり、浅間山麓と比べると、ひと月はやく季節が進んでいる感じです。これからやってくる浅間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の「冬景色」

 先週末から寒気が強まり、まとまった雪が降りました。東京で桜の開花が報じられたこの時季に、まさかの雪景色です。暖冬で、「雪景色欠乏症」に陥っていたポン太ですから、ちょっと得をしたような気分になりました。雪はまさに白い魔術師です。森や街があっという間に白一色に染め上げられ、風景が一変してしまいます。  雪は一日中降り続きましたので、雪見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アウトドアなら大丈夫 - 麓も楽しい平尾山

 不要不急の外出は避けよというニュースを耳にする毎日です。確かに人混みや密閉空間へ出かけることは控えるとしても、人の少ない屋外で身体を動かすことは、むしろ奨励すべきではないかと思います。家の中に閉じこもってばかりいると、免疫力低下が心配になってしまいます。ダメダメばかりの報道ではなく、比較的安全にできることは何か、こんな楽しみ方もある、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リスクだらけの日々なれど

 日本中どこで生活していてもリスクがゼロということはありえません。ここ浅間山麓で最大のリスクとされているのは浅間山の噴火です。特に、積雪期に噴火した場合には、融雪型泥流が発生し、大きな被害をもたらすと考えられています。しかし、今年は暖冬で雪が少なく、火山活動が活性化しているわけでもないので、その心配はなさそうです。  最近、しばしば目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと出会えた平尾山の霧氷

 明日から3月です。いつもの年なら、桜の開花時期を予想するなどして、心が浮き立つところですが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に関する話題一色。高齢者は重症化リスクが高いといわれており、あちらこちらの「古希を祝う会」に出没していたポン太も気にせずにはいられません。  自分でできる予防対策は、マスクと手洗いぐらいですが、マスク不足は浅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅間山麓のスケート事情

 ポン太がスケートに親しむようになったのは、新宿歌舞伎町のスケートリンクにおいてでした。高校生のころに歌舞伎町に出入りしていたなどというと、相当な悪ガキのように思われるかもしれませんが、実は、当時通っていた都立T高校では、ミラノ座の上階にあったリンクを貸切にしてスケート教室を開催していたのです。毎日通ったのでそれなりに滑れるようになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしき景信山

 古希記念の同期会、古い友人や知人との再会、御茶ノ水橋都電レール保存会の方々との会合、そして最もハードな孫の世話等、この一週間、都内を忙しく動き回ってきたポン太ですが、それらの間隙を縫って、昔なじみの景信山に登ってきました。  多摩地域をねぐらにしていたころ、数えきれないほど足を運んだのが、高尾山・陣馬山周辺の山域です。おそらく登山地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同級生のイベントと渋谷の変貌

 古希をむかえ、同期会、クラス会など旧交を温める機会が増えました。何十年も前に同じ学校で僅かな期間を共にしたというだけのことなのに、どうしてこれほど懐かしく思えるのか不思議な気がします。これはやはり時代と場所の共有ということが大きいのではないでしょうか。「こんなことがあったね」に対して、「そうそう、そうだよね」という答えがかえってくるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと来た冬将軍

 なにしろ今年は異常な暖冬で、気温は下がってもせいぜい零下3~4度。こんなものは浅間山麓の冬ではありません。このまま春になってしまったら、気の抜けたビールを飲み、サビ抜きの寿司だけを食べたような物足りなさを感じるところでした。ところが今朝起きて外に出てみると、吐く息は真っ白で、頬や指先がピリピリします。これこれ、これだよ浅間山麓の冬は。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅ラッシュとクリニックラッシュ

 異常な暖冬です。先日、待望の本格的な降雪がありましたが、きれいな雪景色(その写真は後日アップすることにします)を眺めることができたのはたった1日だけ。その後の雨とぽかぽか陽気であっという間に解けてしまいました。  スノーリゾートは困っているでしょうし、冬物衣料や耐寒耐雪グッズは売れず、除雪作業による収益を見込んでいた業者もがっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more