テーマ:信州の四季

鉄道ゆかりの桜めぐり

 それこそいたるところに桜が咲いているという状態になりました。木々の芽吹きも始まり、朝夕はまだ寒さが残るものの、快適な季節になったことは間違いありません。  さて、盛りをむかえている浅間山麓の桜の中には、鉄道と関わりの深い桜もあります。そのいくつかを巡ってみましたのでご紹介しましょう。  まず最初は小海線三岡駅の桜です。小海線で桜と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら劇場開演-上田城と小諸懐古園

 浅間山麓を含む東信(東信州)エリアにも、いよいよ桜のシーズンがやってきました。上田城はすでに終盤に入り、小諸の懐古園は満開、佐久平一帯は五分咲き、御代田町や軽井沢町は咲きはじめ、ざっくり言えばそんなところでしょうか。  前回のブログで、「スプリング・エフェメラル」になぞらえて、春ははかないものと書きましたが、そうであればこそ、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプリング・エフェメラル

 寒冷地の住人にとって、春は本当に待ち遠しいものです。ちょっとした兆しを見つけただけで、気分は高揚します。しかし、実際に春が訪れると、その歓喜の時間は瞬く間に過ぎ去ってしまいますから、春ははかないものといえましょう。  窓から毎日眺めているわが家の庭やその先の森が、少しずつ緑がかってきました。レンギョウの黄色い花が咲きはじめ、小さいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一歩前進の春

 浅間山麓もようやく春を実感できるようになりました。何と言っても嬉しいのは、当地の春告げ花といってもよい、ダンコウバイが咲きはじめたことです。モノトーンだった森に、この黄色い花が咲いているのを見ると、とにかく気分が明るくなります。  ダンコウバイだけでなく、梅も咲きはじめました。「梅一輪一輪ほどの暖かさ」という句もありますが、開花した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山里で春探し

 東京では桜が満開になったということですが、こちら浅間山麓では、桜どころか梅もまだほんの一部でしか咲いていません。木の枝の先端に生気は感じるものの、芽吹きはまだまだ先です。  信州(長野県)は全国で4番目に面積が広く、しかも南北に長い県ですから、浅間山麓とは季節の進み具合が異なる地域がたくさんあります。最南端の天龍村からは桜の開花が伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2つの「千曲川旅情」

 藤村の千曲川旅情の詩と聞けば、「小諸なる古城のほとり雲白く遊子かなしむ」で始まる、あの有名な詩を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。ポン太もその一人です。小諸城址(懐古園)にはその詩碑があり、訪れた誰もがそれを見て、藤村ゆかりの地、小諸にやって来たことを実感していると思います。  ところが先日、ポン子のお供で、佐久市臼田にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タヌキの雛祭り

 スーパーのチラシで知りぬ雛祭り   昨日は、桃の節句=雛祭りでしたが、川柳風に表現すれば、このようでした。子供たちが小さかったころは、わが家でも雛人形を飾り、それなりのご馳走を食べるなど、一大行事でしたが、今は昔です。それでも、例年ですと、浅間山麓では「北国街道小諸宿のお人形さんめぐり」といったイベントが開催され、雛祭りの季節がやっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤマノマスク

 山火事が多発しています。栃木の山火事はいまだ鎮火のメドが立たない状態ですから、地域住民の不安はいかばかりでしょうか。発端はどうやらハイカーによるタバコのポイ捨てらしいのですが、わが家の目の前の草むらでも、ポイ捨てされた吸い殻を見かけることがあり、ひやりとさせられます。大都市圏では、市区が独自に定める「ポイ捨て禁止条例」や「歩きたばこ禁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい山座同定(さんざどうてい)ー平尾山ー

 山国の信州では、山の見えない場所はありません。ちょっとした高台に登れば、おびただしい数の山が目に入ってきます。重畳たる山並みの美しさに見とれてしまうことが多いのですが、「あの尖っているところは○○岳」「台形に見えるのは○○山」と、具体的な山の名前がわかると、より一層、山岳展望の楽しみは増すように思います。 展望地点から見える山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪は降れども

 一昨日から昨日にかけて、今季はじめて本格的な雪が降り、10cmほど積もりました。目覚めて、窓の外が真っ白になっているのを見ると、子供のようにウキウキしてしまいます。大雪でなければ、雪掻きもたいした作業ではなく、雪景色を楽しめて嬉しいという気分です。  ところが、今回の雪はいつもと様子が違っていました。24時間稼働しているはずのストー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やるせない「寒」の風景

 今年の小寒は1月5日。この日が「寒の入り」で、2月3日の立春までが「寒」ということになります。一年中で一番寒い季節ですから、空気が冷たいのはあたりまえですが、今年はコロナ禍で、心まで冷えてしまいそうです。ここ浅間山麓の市や町でも新規感染者が増加しており、県独自の感染警戒レベルで、上から2番目の「5」(感染が顕著に拡大している状態)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅間山麓の静かな元旦

 明けましておめでとうございます。  元旦の浅間山麓は曇り空で、時折雪がちらついていました。雪は積もるというほどではなく、地面がうっすらと白くなった程度でした。  全国的な天気予報では、長野に雪マークがつくことが多いので、浅間山麓も相当降っているのではと思われる方が多いようですが、まったく違います。天気予報の「長野」は、北信地域に属…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

感謝感謝の「山納め」ー平尾山ー

 今年は、年初に予定したことの大半が幻と消え、達成感を得られぬままに、時間だけが過ぎ去ったような一年でした。遠出を控えなければならない状況が続く中、最大の癒やしとなったのは、近場の山歩きです。一歩山の中に入ってしまえば、めったに人と出会うことはなく、感染リスクはほぼゼロ。フィトンチッドに満ちた空気は美味しく、木々の緑や季節毎に異なる花々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寂しいクリスマス

 皆さんは、このクリスマスシーズンをどうお過ごしでしょうか。コロナの感染が益々拡大していることから、「ステイホーム」に徹している方も多いと思います。重症化リスクの高い世代に属しているポン太も、基本的には「ステイホーム」です。  いつもの年ですと、軽井沢では、様々な場所で様々なクリスマスイベントが開催され、寒い中にも多くの楽しみがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノクロ写真館

 高校時代の友人で、写真を趣味とするI君から、『写楽人21』というカレンダーが届きました。学生時代からの写真仲間と作成しているカレンダーで、今回が41号とのこと。カレンダーですから発行は1年に1回です。41号ということは、41年もの長きにわたり、同様のカレンダーを作成し、発行し続けているわけで、趣味の仲間の結びつきの強さと、並々ならぬ活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久の知られざる1等三角点

 年の瀬に何を馬鹿なことをやっているのだと思われるかもしれませんが、佐久の1等三角点を探しに出かけてきました。ご承知のとおり、三角点というのは地形図を作成する際の三角測量の基となるもので、1等から4等まであります。三角点網を形づくる三角形の頂点にあたるのが三角点です。最初に大きな三角形を設定し、次第に細かくしていくのですが、最初の大きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手強い里山 -虚空蔵山(上田)-

 今年は山歩きに出かけた回数は多いものの、そのほとんどは今まで登ったことのある近場の山ばかりです。いつもの年なら、少なくとも5~6座は過去一度も登ったことのない山に登り、未踏峰初登頂の喜びを味わっていたのですが・・・。  今年も残り1ヶ月を切り、このままでは終われないという気になりました。ふと頭に浮かんだのが、上田の虚空蔵(こくぞう)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山のご褒美 -今季初の霧氷-

 コロナ禍の「ステイホーム」に耐えかねて、ふだん山に出かけることのない人が、山(低山が多いそうですが)へ出かけて遭難するケースが増えているとか。出かけたい気持ちはよくわかります。誰だって、美味しい空気を吸いながら気持ちよく身体を動かしたいもの。されど山を甘く見てはいけません。売店などありませんし、救急車も来てはくれません。里山といえども…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンゴの唄

 山も野も冬枯れの風景となる中、ひときわ目立つ存在がリンゴです。この時季らしい澄み切った青空を背景に、真っ赤なリンゴがたわわに実っている光景を目にしますと、元気が出ます。  敗戦後の混乱期、人々に生き抜く力を与えたといわれる「リンゴの唄」。懐メロ番組などでくり返しとり上げられていましたので、その時代を生きたわけではないポン太でも、「赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行く秋を惜しむ -上田城と海野宿-

 わが家のまわりの木々はすっかり葉を落とし、冬枯れの風景となりました。あとは冬将軍の訪れを待つだけというわけですが、まだそこまで気持ちを切り換える準備ができたとはいえません。未練がましいといえばそれまでですが、いましばらく信州の「秋」を感じていたいというのが本音です。  まだ残っていそうな「秋」を求めて、わが家より400mほど標高の低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の平尾山-ガイドも兼ねて-

 平尾山ほどお世話になっている山はありません。信州では珍しく、四季を通じて登山が可能であり、毎年50回以上登っています。ポンコツだぬきの足腰がなんとか維持できているのは、まったくもってこの山のおかげと言ってよいでしょう。体調や天候にもよりますが、どのコースをとっても50分から1時間程度で山頂に到達できますから、疲れも残らず、ちょうどよい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

懐古園は錦秋なり

 浅間山麓の紅葉もいよいよ最終盤。今も「見頃」が続いているところは少なくなりましたが、その1つ、小諸の懐古園を訪ねてみました。ご承知のとおり、懐古園は日本百名城の1つにも選ばれている小諸城の跡です。今も残る石垣とその周囲を彩る紅葉の取り合わせは抜群で、毎年見ているにもかかわらず、園内に入った瞬間、「おお!いいね」という言葉が口をついて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご近所の紅葉めぐり

 浅間山麓の御代田町にちょっとした新しい動きがありました。その1つは、町のふるさと大使にNGT48の安藤千伽奈さんが任命されたこと。芸能界に疎いポン太は、AKB、NGT、○○坂などと聞いてもピンと来ないのですが、自治体にとってはインパクトがあると判断しての起用なのでしょう。  さらに、VチューバーとしてCGアニメのキャラクター「浅間路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の軽井沢をひたすら歩く

 軽井沢周辺の紅葉が見頃をむかえました。ドラえもん風にいえば、「どこでも紅葉」というのが、軽井沢の紅葉の特徴ではないでしょうか。紅葉名所といわれるスポットはいくつかありますが、そこだけが美しいというわけではなく、街路、別荘の庭、レストランやカフェの周囲、教会、小公園など、町中いたるところで、味わい深い見事な紅葉に出会うことができます。す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横谷渓谷で「紅葉浴」

 緑一色だった世界が、僅かな時間の経過で極彩色に一変する。自然界のマジックのような紅葉シーンに心を動かされるのは当然です。カメラを手にすれば、もうシャッターを押したくて仕方が無い気分になってしまいます。それでも、目の前にある圧倒的な色彩美を写真で伝えきれるかといえば、なかなかそうはいきません。逆に写真だけ見て満足できるかといえば、それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里に降りてきた紅葉と「芸術の秋」

 季節の移ろいは足早です。高山から始まった紅葉前線が、いま海抜1000m前後の山麓へと到達しつつあります。ポン太の家のまわりの木々もだいぶ色づいてきました。場所によってはすでに紅葉が見頃になったところもあります。地域全体が紅葉一色となり、それらが全部消え失せて枯れ木の原と化すまでの時間は、これからおよそ三週間ほどでしょうか。  人間界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅間連峰秋便り<その3> カラマツの紅葉と絶景の黒斑山

 山の紅葉のフィナーレを飾るのがカラマツです。山腹全体が黄金色に染まる様は圧巻で、浅間連峰では高峰高原がいま見頃になっています。これを見逃すわけにはいかないと出かけてみることにしたのですが、先日、初冠雪した浅間山の現状も見たいと考え、その両者の眺めが楽しめる黒斑山に登ることにしました。  登山口の車坂峠は、期待通りの黄金色の世界でした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信州のスカイツリー、美ヶ原山へ

 このところ冷え込む日が多くなり、昨日は浅間山が初冠雪。例年より10日はやいということで、山麓の紅葉も一気にすすむものと思われます。  その話題はまた後日ということにして、今回とりあげるのは、先日トレッキングをしてきた美ヶ原山についてです。どうしてタイトルで東京スカイツリーを引き合いに出したかといえば、どちらも地上デジタル放送の送信と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一の白樺林から、紅さす池畔へ

 このタイトルをみて、すぐにその場所が頭に浮ばない方は、失礼ながら、佐久地域にまったく縁がないか、一度も足を運ばれたことがない方でしょう。当地で、日本一の白樺の群生地といえば、北八ヶ岳の東側山腹に広がる八千穂高原であり、水辺に紅をさしたような鮮やかな紅葉といえば白駒池をおいてほかにはありません。  浅間山麓在住のポン太にとっても、紅葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅間連峰秋便り<その2> 彩り豊かな烏帽子岳

 登りやすく展望抜群で、高山植物も豊富。貴重な蝶やカモシカにも出会える。登山道の途中には美しいカラマツの自然林もある。そんな良いことづくめのような山が烏帽子岳です。何度登っても期待を裏切ることのない山ですが、秋もまた文句なしと言ってよいでしょう。紅葉する木々が適度に存在し、多様な色彩を楽しむことができます。公園のモミジような派手さはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more