浅間山麓のブラタヌキ

アクセスカウンタ

zoom RSS 路傍の花園

<<   作成日時 : 2018/06/26 10:57   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

 梅雨の晴間には、気温がかなり高くなるようになってきました。「真夏日になるので熱中症注意」といったニュースも流れています。幸い、ここ浅間山麓ではそこまでの気温上昇はなく、上がっても20度台後半までいくかどうか。長袖のシャツ1枚でちょうどよい感じです。それでも日差しはかなり強いので、日中の散歩は避けて、夕方少し日が傾いてから出かけることが多くなりました。
 散歩中の楽しみの1つが、路傍の草花ウォッチングです。今日はどんな花が咲いているのか、珍しい花はないか、あのきれいな花はまだ散らずに残っているかなど、出かける前からいつもワクワク感があり、ちょっとした変化に気づくとそれだけで嬉しくなってしまいます。花があるから散歩も楽しいのです。ただ運動のために歩くだけでは、飽きてしまって長続きしないとポン太は思います。
 現時点でどんな花が咲いているのか、少し写真でご紹介しましょう。ありふれた花、ちょっと珍しい花、いろいろですが、なんと「特定外来生物」に指定されている危ない花も咲いています。町の広報でそれを知ったのですが、見た目はとてもきれいで、うっかり庭に植えてしまう人がいるかもしれません。植物に注意を払うことは、生活環境を守る上でも、とても大切なことだと改めて思ったポン太でした。 

 ピンク色の集合花が目を楽しませてくれるシモツケです。下野の国(栃木県)に産したというのがその名の由来で、コデマリやユキヤナギの仲間だそうです。植えたわけでもなく、世話をする人もいないのに、道端を華やかに彩ってくれる有り難い花です。
画像

 ヤマホタルブクロです。この中にホタルを入れて遊んだのがその名の由来とか。平野部のホタルブクロとはガクの形が違います。これも自然に生えてくるもので、毎年道端のどこかで見かけます。
画像

 お馴染みのアカツメクサです。野にある姿は可愛いのですが、繁殖力が強く、庭に入り込むと大変な目にあいます。食べられるという話を聞いて、天ぷらにしたこともありますが、とりたてて美味しいというものではありませんでした。
画像

 長い間名前がわからなかったのですが、最近、アカバナセイヨウノコギリソウであることがわかりました。ヨーロッパ原産で、元は園芸用だったようですが、すっかり野生化して、道端や野原のあちらこちらで見かけます。ハーブの一種だそうで、食用にもなるということですが、まだ試してはいません。
画像

 イチリンソウだと思われますが、ニリンソウでも一輪しか咲かないものもあるというので、判断がつきかねます。
画像

 この時期、いたるところで見られる黄色い花、クサノオウです。花は可愛らしいのですが、有毒のアルカロイド成分を含むケシ科の毒草です。かつては皮膚疾患の薬草として用いられたこともあったようで、その名の由来の1つは、「瘡(くさ)の王」とか。
画像

 高齢化の影響で、耕作をやめてしまった畑が目立つようになりました。元からあった花に加えて、どこからか飛んできたタネによって、お花畑のようになってしまったところもあります。見た目はきれいですが、ちょっと寂しい気がします。
画像

 この時期の樹木の花で一番目につくのがこのヤマボウシです。ミズキの仲間ですが、漢字で書くと山法師。真ん中の丸い花が僧の頭でそのまわりの白い部分(花ではなく苞だそうです)が頭巾にみえるというのがその名の由来です。森の中ではひときわインパクトがあり、ポン太の好きな花の1つです。
画像

 遠目には何が咲いているの?と思わせるのがナナカマドの花。秋の紅葉が見事な樹木ですが、花もなかなかのもの。
画像

 さて、この花はなんでしょうか? きれいな菊のようにみえますね。確かにキク科の植物には違いないのですが、特定外来生物のオオキンケイギクです。繁殖力が強烈で、ほっておくと高原の生態系を変えてしまいかねないしろものだということで、町は種子をつける9月までに根ごと抜き取り駆除するようにと呼びかけています。う〜ん、これは大変だ。散歩中にのんびり写真などを撮っている場合ではないですね。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
流石に自然の豊なところは、花の種類も違いますね。まさに浅間山麓の花園ですね。
やはり路傍の植物はそのまま置いておくのが一番。芭蕉気分で「山路来て何やらゆかしすみれ草」を楽しみましよう。
ただしオオキンケイギクは困ったものですね。都会でも大群落が見られます。町役場の指示に従った方がよさそうですよ。
ギャラリー静河
2018/07/06 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
路傍の花園 浅間山麓のブラタヌキ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる