さくら協奏曲第2楽章 懐古園(小諸城址)の夜桜

 小諸の懐古園(小諸城址)は、東信地方でも1、2を争う桜の名所です。夜桜も見応えありということで、ポン太も徘徊に及びました。桜はライトアップされていましたが、足元を照らす照明はほとんど無く、黒々とした大地に浮かび上がるピンクの海のような情景はまさに幻想的。とりわけ、花の色合いと枝振りの良さに見とれてしまったのが、コモロヤエベニシダレ(小諸八重紅枝垂)です。あまりに長い名前なので、ポン太の脳みそでは覚えていられそうもないのですが、当地の固有種とのこと。
 かつての馬場にあたるところが園内で一番広い桜の園になっていて、花見の宴を催しているグループもいました。しかし、歌舞音曲はもちろん話し声さえ聞こえてきません。黙々と食べ、飲みといった感じです。懐古園に向かう道路上の表示では、5度という気温でしたから、それから少し時間がたってもっと下がっているかもしれません。山国の夜桜の宴は耐寒訓練と心得よ、ですかね。温かな汁物が欲しくなると思いますが、タヌキ汁だけはご勘弁を。 
画像

画像

画像

照明に浮かび上がったコモロヤエベニシダレ
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

ギャラリー静河
2017年04月25日 19:29
見事な夜桜ですね。綺麗に撮れていますよ。
それにしても人影の少なさよですよね・・。
5℃での花見は勘弁ですよね。
3楽章、4楽章楽しみです。