新年は霧氷とともに

 新年おめでとうございます。本年も「浅間山麓のブラタヌキ」をよろしくお願いいたします。
 元日の天気予報は、太平洋側は晴れ、日本海側は雪ということでした。ここ浅間山麓の天候はどちらかといえば太平洋側に近く、全国版の天気予報で「長野」と表示されるものとは別物です。よって、初日の出が見られるのではないかと期待しました。
 朝早く起きてみると、どんよりした曇り空。浅間も見えません。これでは初日の出は無理かなと思ったのですが、家の周囲の森を見渡すと、霧氷が出現しています。たとえ初日の出が拝めなくても、霧氷の良い写真が撮れれば、まあいいかと考え、カメラ片手にわが家より少し標高の高い、御影用水へとむかいました。
 水辺の霧氷は予想通りのすばらしさでした。大気と水の温度差のせいか、水面からは湯気のような霧が立ちのぼり、幻想的な雰囲気を漂わせています。霧氷の写真を撮っているうちに周囲がだいぶ明るくなってきました。すると、落葉松林のむこうから、ふいに太陽が顔をのぞかせたのです。あきらめかけていた初日の出です。山上から見るご来光のような迫力はありませんが、これはこれで美しく、十分満足したポン太でした。


 中山道沿いの霧氷です。そんなに冷え込んだようには思えなかったのですが、氷点下10度前後まで下がっていたようです。
画像

 水辺周辺には、夜明け前から犬の散歩をする人がいました。
画像

 冷え込みの厳しさを思わせる水辺の風景です。
画像

 見事な霧氷です。
画像

 落葉松林の間から太陽が顔を出しました。
画像

 これが水辺の初日の出です。
画像

 凍てついた大地も陽を浴びて輝いています。
画像

 日の出から30分ほど経って、ようやく浅間山が姿を現しました。やはり浅間山があってこその当地です。山岳信仰というわけではないのですが、しっかり我等を見守って欲しいという気持ちになります。
画像

この記事へのコメント

NABE
2019年01月02日 19:34
ポン太先生、ご無沙汰しております。横浜線の記事、高校の通学に使った橋本駅など大変懐かしく拝見させて頂きました。私のブログ『模型親父の半世紀』も見て下さいね。
ギャラリー静河
2019年01月03日 15:01
今年も自然事象に感動の一年になりそうですね❗ポン太の感性はますます研ぎ澄まされそうですね🙌
上京の際は仲間を呼んでミニクラス会やりましよう🎵
今年もよろしく😉👍🎶です✌🆗⤴
ポン太
2019年01月03日 16:38
NABEさん
ブログ拝見しました。精力的に活動されているようですね。鉄路の楽しみには終わりがありません。好きなことがあるということが、どれほど有り難いものか、年齢を重ねれば重ねるほど、よくわかるような気がします。
ポン太
2019年01月03日 16:41
静河さん
いつも有り難うございます。ミニクラス会ぜひ参加したいですね。