家庭菜園始動

 4月になったので、例年同様小さな家庭菜園を始動させました。真っ先に植え付けるのはジャガイモです。ポン太のお気に入りは、果肉まで赤いノーザンルビーという品種。まずはホームセンターで種芋を購入する必要があるのですが、今年はどこを探しても入手することができず、やむなくシャドウクイーンという黒色の品種を購入しました。ところがそれから間もなくして、佐久市の南端にあるタネ屋さんで、偶然ノーザンルビーを発見。やはりこちらが良さそうだと、1キロ入りを一袋購入してしまいました。その結果、小さな家庭菜園には余る量の種芋を抱え込むことになったのです。捨てるのは忍びないので、植え付け間隔を30センチ弱まで縮めることで対処しました。「超密植」状態ですから果たしてどうなるでしょうか。
 ジャガイモの次に植えたのはレタスです。4月初めは寒さが厳しく雪が舞うような状態でしたので、少し見合わせていたのですが、5日あたりから急速に気温が上昇。もうよかろうと苗を植え付けることにしました。レタス以外の作物の植え付けや種まきはまだだいぶ先ですが、それに備えて土を起こし、堆肥を入れるという作業だけはやっておかなければなりません。まわりの森を見回してみると、まだダンコウバイ以外に咲いている花はありません。もちろん芽吹きもまだです。それでも、枯れ葉の下からギョウジャニンニクやルバーブが顔を出しており、本格的な春は間近。そう思うと、土を掘る手にも力が入ったポン太でした。

 これがノーザンルビー(右)とシャドウクイーン(左)の種芋です。
画像

 ノーザンルビーは、皮だけでなく、中も赤いのが特徴です。
画像

 目玉焼きと一緒に盛り付けると、見た目はベーコンエッグのようですが、食べてみるともちろん味はジャガイモ。このフェイクな感じがポン太は大好きです。
画像

 こちらは植え付けたばかりの(結球)レタスです。順調に育ってくれれば、5月下旬には口に入るはず。
画像

 昨年大成功だったサニーレタスも植えました。
画像

 森の中では枯れ葉の下からギョウジャニンニクが顔をだしていました。昨年より株が少し増えたようです。
画像

 千曲市からは見頃になったという便りが届いているアンズですが、ポン太の森ではまだ固いつぼみの状態です。開花は10日後ぐらいでしょうか。
画像

 コブシもこの状態では開花はまだまだですね。
画像

この記事へのコメント

ギャラリー静河
2019年04月08日 22:46
昔インカのメザメ?という黄色いジャガイモに挑戦したことがありますが、赤いジャガイモ面白そうですね。成果のレポート期待しています。
こちらはやっと区民農園の補欠募集に当選ですよ。人気の無い遠隔地の農園で交通費が一回700円ですよ。どうしますかね・・・。
ポン太
2019年04月10日 15:32
「インカのめざめ」はつくったことがあります。味の良いジャガイモですね。一般のジャガイモよりやや黄色が濃い感じがしますが、一見しただけではわかりにくいので、見た目のインパクトが強く、スーパーなどで市販されていない赤いジャガイモにこだわっております。
農園までの交通費はちょっと痛いですね。