一歩前進の春

 浅間山麓もようやく春を実感できるようになりました。何と言っても嬉しいのは、当地の春告げ花といってもよい、ダンコウバイが咲きはじめたことです。モノトーンだった森に、この黄色い花が咲いているのを見ると、とにかく気分が明るくなります。
 ダンコウバイだけでなく、梅も咲きはじめました。「梅一輪一輪ほどの暖かさ」という句もありますが、開花した花の数だけ暖かさが増すように感じます。
 庭の片隅や生け垣の下に水仙が咲いているのを見かけることも多くなりました。平尾山でも、竜神池のまわりの水仙が咲きはじめていて、雪が解けたゲレンデの傍らでは、コブシもちらほら開花しています。いよいよ目に見える形で春がやってきたわけです。
 平尾山の登山道の脇にも、いくつか花芽をつけている水仙があったのですが、その花芽が摘み取られているのに気づきました。ひどいことをする人もいるものだと、山で顔なじみになった方と話しているうちに、意外な展開となりました。花を見られなくなったのは残念ではあるが、摘み取った人が悪人かといえばそうともいえないだろう。水仙は野性のものではなく、誰かが植えたものなので、山にあってはいけないと考える人は必ずいるというのです。守るべきは、その山本来の山野草であり、綺麗に咲いてくれるなら何を植えてもよいというわけではない、というのも道理です。
 里山の有り方ひとつをとっても、多様な考えがあると、改めて思ったポン太でした。

 咲きはじめた平尾山のダンコウバイです。
咲き始めのダンコウバイ.JPG
 森の中に黄色い花がちらほら見えるだけでも春を実感します。
ダンコウバイ咲く森.JPG
 登山道の上にもダンコウバイが咲いていました。
ダンコウバイの登山道.JPG
 竜神池近くの登山道脇では水仙が咲きはじめました。
竜神池の畔に水仙咲く.JPG
 パラダスキー場南ゲレンデの雪も僅かに残るだけです。
雪解のゲレンデ.JPG
 ゲレンデ脇のコブシも咲き出し、蓼科山とコラボしています。
咲きはじめたコブシ.JPG
 平尾山の麓では、梅も開花しました。
梅と蓼科.JPG
 日当たりのよい斜面では、ダンコウバイがこんなに見事に咲いていました。
ダンコウバイ花盛り.JPG
 さて、わが家はどうかといえば、コブシがもう一息で開花というところまで来ています。
わが家のコブシ.JPG
 一輪だけ、クリスマスローズが咲いているのを見つけました。その名とは異なり、早春に咲く花で、別称は「雪起こし」だそうです。
クリスマスローズ(別名:雪起こし).JPG
 ご近所の庭では、紅梅が咲いていました。
紅梅.JPG
 散歩からもどる途中、夕陽を浴びて黄金色に輝くダンコウバイと遭遇。コロナ禍はまだまだ収まりそうもありませんが、希望の光のように見えなくもありません。
ダンコウバイの光.JPG
 浅間山の雪もここまで少なくなりました。数日前、噴火警報レベルが2(火口から概ね2km以内に影響を及ぼす小規模噴火の可能性あり)に引き上げられ、浅間山(前掛山)に登ることができなくなりました。今夏、久しぶりに登ってみようと思っていただけに残念です。
浅間山.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント