テーマ:山歩き

懐かしの鷲ヶ峰 -52年ぶりの再訪-

 梅雨の晴れ間の貴重な一日をどう過ごすか。やはり気持ちの良いのは山歩きです。それでは、どこへ出かけたらよいか。ふと思いついたのは、そろそろニッコウキスゲのシーズンをむかえる霧ヶ峰です。霧ヶ峰はいくつもの峰からなる火山の総称ですが、今回はその北西端に位置する鷲ヶ峰(1798m)に登ることにしました。  実は鷲ヶ峰は52年前に登ったことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

至宝の山と森-黒斑山を歩いて-

 先週末に県を跨いでの移動自粛が解除されて以来、浅間山麓でも県外ナンバーの車を見かけることが多くなりました。梅雨の晴れ間に、黒斑山に出かけてみたところ、登山口(車坂峠)の駐車場は満車状態で、登山道を歩いている人の数も、これまで見たことがないほどの多さでした。全体的にみて、若い人や家族連れの比率が高く、高齢者は少ないという印象です。やはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨晴れの鹿沢の山へ-山頂にもレンゲツツジ-

 梅雨の晴れ間を利用して、湯ノ丸高原へレンゲツツジを見にでかけました。いつもは湯ノ丸山への登山道沿いある「ツツジ平」を中心に見て歩くのですが、湯ノ丸山は先日登ったばかりですので、今回は例年とは違う場所を歩いてみることにしました。  地蔵峠を群馬県側に少し下ったところに、桟敷山という山があります。その隣の小桟敷山との間には「せんべい平」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の高山植物めぐり-湯ノ丸山と三方ヶ峰-

 先週、水ノ塔山で「山開き」をしたポン太ですが、間もなく梅雨入りと聞き、今一度、初夏の浅間連峰を味わっておこうと、湯ノ丸山と三方ヶ峰(池ノ平湿原周辺)へ出かけてきました。  湯ノ丸山ではイワカガミの見事な咲きっぷりに感動。頂上から稜線を10分ほどたどり、もうひとつのピーク(北峰)まで足を伸ばしてみたところ、視点が少しずれただけでこんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水ノ塔山で山開き-イワカガミがお出迎え-

 いよいよ夏山シーズン到来というわけで、プライベート山開きを挙行いたしました。今年は「コロナ」の影響で、各地の山開き(開山祭)が相次いで中止となっていますが、当方の山開きは、参加者二名(ポン太とポン子)のみですから、「三密」とは無縁。中止する理由も見当たりませんので、例年同様実施に踏み切ったというわけです。  出かけた先は、浅間連峰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「佐久の名山」、二つの頂へ - 城山と虚空蔵山-

 一日で、「佐久の名山」二峰に登ってきました。佐久商工会議所が発行した『佐久の名山ガイド』という冊子に掲載されていた17峰の中に、これまで登ったことがなく、名前すら認識していなかった山が二つ含まれていたので、出かけてみようという気になったからです。それは、城山(じょうやま)と虚空蔵山(こくぞうさん)です。どちらも登頂が極めて容易な里山で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカル山を経てモンブランに登頂!?

 先月はモンブランに登頂しました。「コロナ」が猛威をふるっているこの時期に、ヨーロッパアルプスの最高峰であるモンブランに登頂? ウソに決まっているだろうと思われるかもしれません。そのとおり、ウソといえばウソですが、まったくのデタラメというわけではありません。  生活エリアである浅間山麓から一歩も出ないという「自粛」生活を送る中で、健康…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと出会えた平尾山の霧氷

 明日から3月です。いつもの年なら、桜の開花時期を予想するなどして、心が浮き立つところですが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に関する話題一色。高齢者は重症化リスクが高いといわれており、あちらこちらの「古希を祝う会」に出没していたポン太も気にせずにはいられません。  自分でできる予防対策は、マスクと手洗いぐらいですが、マスク不足は浅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしき景信山

 古希記念の同期会、古い友人や知人との再会、御茶ノ水橋都電レール保存会の方々との会合、そして最もハードな孫の世話等、この一週間、都内を忙しく動き回ってきたポン太ですが、それらの間隙を縫って、昔なじみの景信山に登ってきました。  多摩地域をねぐらにしていたころ、数えきれないほど足を運んだのが、高尾山・陣馬山周辺の山域です。おそらく登山地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄道納め 山納め

 ポン太が関心を寄せている「鉄道」と「山歩き」。今年の成果はどうであったのか、総括してみました。  まずは鉄道です。今年は講演会等で大勢の方にお話する機会が比較的多く、それなりの準備が必要でした。今まで調べたことを再確認したり、筋立てに知恵を絞ったりする中で、認識を新たにしたことが多々あり、有意義な一年だったように思います。また、今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血染めのジャングルトレッキング

 那覇でモノレール(ゆいレール)に完乗した後、石垣まで足を伸ばしました。有人島としては日本最南端に位置する波照間島へ行ってみたかったからです。  石垣市内のホテルに着いて、テレビで天気予報を確認すると、残念なことに滞在予定の期間中はほぼ雨。風も強く連日波浪注意報が出ていることもわかりました。翌朝、離島ターミナルへ行ってみると、心配した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花と展望の入笠山へ

 花の名山として知られる入笠山へ出かけてきました。ご存知の方が多いと思いますが、南アルプスの北端に位置する標高1955mの山で、山頂近くまで車道やゴンドラが通じています。お手軽に登れる山として、ファミリー層などに人気がありますが、山歩きという点では物足りない気がして、ポン太はこれまで敬遠しておりました。  出かけてみたいという気になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天気の良い日はやっぱり山へ 大展望の籠ノ登山

 降水確率はほぼゼロで、平地では猛暑がぶりかえす。こんな天気予報を聞いてしまうと、これはもう山へ出かけるしかないでしょう、ということになります。  前回の山歩きの疲れが少し残っていたので、ハードなところは避けたい。それでいて高山気分が味わえる近場の山、ということになると、選択肢は浅間連峰以外にありません。  目をつけたのは、しばらく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋風が吹き抜けるカヤトの尾根~横尾山へ

 山はもうすっかり秋です。この季節にふさわしい山に登ってみようと、ガイド類を検索してみましたら、「カヤトの尾根をもつ大展望の山」が見つかりました。その名は横尾山。標高1818m、長野と山梨の県境の山です。  登山口は長野県川上村と山梨県北杜市須玉町を分ける信州峠。その標高がすでに1464mありますから、山頂との標高差は354mにすぎず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズク無し山歩き~高ボッチ・鉢伏山

 体力の低下は否めないものの、山の景色と雰囲気はたっぷり味わいたいという欲望だけは健在。お盆の混雑とは無縁な、手頃な山はないかと探してみたところ、未踏峰で簡単に登れそうな山が見つかりました。それは高ボッチ山と鉢伏山です。霧ヶ峰と美ヶ原を結ぶ稜線の西側に聳える山で、前者が1665m、後者が1929mとそれなりの標高があります。難点は山頂近…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

浅間連峰花めぐり―高峯・黒斑・烏帽子

 夏山シーズンたけなわですが、どうも天気が安定しません。朝から夕方まですっきり晴れるという日が少なく、午後は雷雨や、いきなり大雨警報が出るような豪雨になることが多いのです。山へ出かけるタイミングを見計らうのが大変ですが、あまり慎重になりすぎると、せっかく見頃をむかえている夏の高山植物を見逃してしまうことになりかねません。ガスが出て展望が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の合間の山歩き-湯の丸高原と水ノ塔山

 雨また雨。梅雨なので仕方がないといえばそうなのですが、今年は特に、丸一日晴れる日がほとんどなく、安心して山歩きに出かけることができない状態が続いていました。それでも、毎年楽しみにしている湯の丸高原のレンゲツツジぐらいは見に行きたいですし、2000m級の山ではいまどんな高山植物が咲いているのかも知りたくなります。  そこで、晴れは期待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000mの風~池ノ平湿原

 信州各地の山から開山祭の便りが届くようになりました。いよいよ夏山シーズンの到来です。ポン太がねぐらにしている標高900m前後の浅間山麓も、平野部からみれば高原ですし、爽やかな空気に満たされていることは間違いないのですが、2000mを越える高山の空気感はまた別物。植生も異なり、別世界といってよいでしょう。  今季初めて、2000mの風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水芭蕉に会いに~斑尾高原

 「夏が来~れば思い出す~♪ 」といえば尾瀬、尾瀬といえば水芭蕉ですが、信州にも水芭蕉を見ることができるスポットがいくつもあります。その中で特に気に入っているのが、斑尾高原の沼ノ原湿原です。まわりの山々の濃淡のある新緑がすばらしく、まるでメルヘンの世界に迷い込んだかのような景観を楽しむことができるのです。  水芭蕉の咲いている姿は、歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平尾山も緑

 しばらく中断していた里山歩きを再開しました。まずはお馴染みの平尾山へ。  山麓から這い上がった新緑が頂上付近まで到達し、まさに緑一色の世界です。登山道の脇には黄色い山吹の花が登山者を歓迎するかのように並んでいました。日当たりのよいところでは、ヤマツツジが咲き始めています。頂上付近には、まだヤマザクラも咲き残っていて、白樺の芽吹きとコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒斑山への招待

 黒斑山(くろふやま)は浅間山第一外輪山中の最高峰です。標高は2404m。浅間山本体を除く浅間連峰全体の最高峰でもあります。浅間山の噴火警戒レベルは、現在、火口から2キロ以内入山禁止の「2」となっているため、浅間山そのものに登ることはできません。そのため、浅間山の代替として黒斑山に登る人も多いのですが、代わりに仕方なく登るというような山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more